2006-01

2006年1月29日 本番までいよいよあと半年☆

◆2006年1月29日(日)第15回練習☆

さあ、本番に向けて頑張りましょう

演奏会に向けての準備を始めましょう!
色々係りなど決めるので、ご協力お願いいたします。
みんなの手で、演奏を成功させましょうね☆

また、ご家族やお友達のお手伝いも募集しておりますので
ぜひ、周りにも声をかけてみてくださいね♪
演奏会の役割や、ファミリーコンサートの企画や選曲について
皆さんの意見を、スタッフまでお寄せ下さい。
スタッフは、Vn/Vcの城さん、Vn/Vcの池田さん、Fl/Cdの中村さんと
インペクのVn/木村さん、Va/杉山さん、Ob/長谷川さん、Tp/光野さんです、Cb/坂本さん
です。

◆練習ポイントコーナー

☆このコーナーでは、自宅での予習・復習、
また練習に参加できなかった方のために、今回の練習のポイントを
まとめてみました。
ぜひ、練習の参考にして下さい。
♪は重要な点です。

 【弦セレ】・・・Ⅲ楽章をメインに練習しました。
  ♪音の出だしに細心の注意を払って、非常に丁寧に弾き出して下さい。
  ♪ゆっくりしたテンポでの長いcrescとdimのスラーが、とても難しい楽章です。
   ノコギリのようなcrescやdimにならないように注意しましょう。
  ・23からのVn、31からのVaとVcのフレーズ
   -最初の2小節はあまりcrescしない、3小節目からcresc
   -Vnの28小節目の付点4分、Va/Vcの37の2分は、音がやせないように
  ・Aの入りは飛び込まない。
  ・Bの4小節前の入りは、必ず指揮を待つように。
  ・Dから、各パートともリズムを正確に(Cbの3連符の、Vnの16分音符)
  ・本来はテンポを揺らして行きたいのですが、縦の線を揃える為に、
   当面はあまりテンポを揺らさないで練習して行きます。

 【運命】・・・Ⅲ楽章をメインに練習しました。
  ♪VcとCbがだいぶ弾けるようになってきました。
   その調子で、移弦を伴うppのスラーの練習を続けて下さい。
  ・13小節目のsfは、もう少し強調でして下さい。
  ・19小節目からの運命のテーマは、「タタタ/ター」の「ター」(付点2分音符)で
   音がしぼまないように。(逆に大きくするようなイメージで)
  ・42/43をsfですが、44はsfなし。注意して下さい。
 (Trio)
  ♪Trioの弾き方を揃えて行きましょう
    -テンポは今回練習した位の速さだと思って下さい
    -テーマの弾き方は、最初にテーマを弾くVcを聞いて、後続するパートは
      Vcに合わせるようにして下さい。
  ・ド/シドレソラシ/・・・の、ドからシに行くアウフタクトは、飛び込まないように。
  ・Cのpppは、本当に小さい音で(聞き取れない程度の音を弾くつもりで)。

 【カルメン】
 (No1.Prelude)
  ・冒頭のffは大きな音で、しっかり弾いて下さい。
   (3小節目でメロディーが入って来たら少し小さく)
 (No1a.Aragonaise)
  ・98小節目でpizzからarcoへ変わる所は、97小節目は弾かなくで結構ですので、
   98小節目からのarcoをしっかり弾くようにして下さい。
 (No3.Sequedille)
  ・4小節目と8小節目は、きちんと音を切って下さい。
 (No4.Les dragons d'Alcala)
  ・入るタイミングを注意して下さい。
 (No5.Les Toreadors)
  ・しばらく、今回くらいのテンポで合奏を続けますので、
   自宅でゆっくりと何回も繰り返し練習して下さい。

◆ワクワクオーケストラ入門

本番が近いので、ボチボチ「エキストラ」のお願いをしなくては・・・
ヴァイオリンのトラは6人ぐらいで良いかな?

トラって何?

「エキストラ」の略。足りない部分を手伝ってくれる人をいう。
今回は弦楽器はもちろんの事、パーカッションやファゴットなど
いろいろな楽器の方々がお手伝いに来てくれます。
経験豊富なアマオケの方や、プロの方などのお手伝いなので
色々勉強になることも多いと思います。
エキストラさんと仲良くなって、色々教えてもらいましょうネ☆

次回の練習日は2月5日(日)
吹上中央公民館です。
スポンサーサイト

2006年1月15日 今年初の練習日☆

◆1月15日(日)第14回練習☆

今年最初の練習です

いよいよ今年は第一回定期演奏会の年です。
少しずつオケの練習にも慣れてきました。
弾ける音も増えてきました。
余裕が出てきた方は、「もっとこうしたい」とか「こうゆう音を弾いてみたい」とか、
いろいろ欲も出てきましたね。
さあ、目標に向かって頑張りましょう。

最初の練習はいかがでしたか?
20060115-1.jpg

冬休みが長かったせいか、勘を取り戻すのが大変だったかな?
久しぶりにアンサンブルを楽しみました♪
20060115-2.jpg

チェロはとっても出席率が良いのです。
気は合ってるのですが、なかなかアンサンブルは個性的?
本番までに身も(技術的に)心も1つに合わせましょう!
20060115-3.jpg

今回、入団希望者が見学に来ました。
ホルンとオーボエです。
まだまだ管楽器や木管楽器は、楽器によっては団員募集中なので、
新しい仲間がまた増えて、とてもうれしいです。

また、練習後に、発起人含めて新スタッフによる、初の会議が行われました。
第一回の定期演奏会の進行や、これからスタッフ会議で決めなくてはならない項目など、
いろいろ話し合いました。
そろそろ、ファミリーコンサートや来年の定期演奏会の曲決めも行われます。
団員の皆様も、やりたい曲などのリクエストを、近々募集いたしますので、
考えておいて下さいね♪

◆練習ポイントコーナー

☆このコーナーでは、自宅での予習・復習、
また練習に参加できなかった方のために、今回の練習のポイントを
まとめてみました。
ぜひ、練習の参考にして下さい。
♪は重要な点です。

【弦セレ】・・・Ⅰ楽章をメインに練習しました。
 (Ⅰ楽章)
  (序奏)
   ♪一つ一つの音をはっきり、かつ、付点4分(3拍)の音を十分にテヌート。
    (音が途中でやせないように)
   ・音の動き(縦の線)を揃えて
  (提示部~再現部)
   ♪フレーズの最後の音を丁寧に(例えば、38の2拍目や40の2拍目)。
   ・41の入りは、アクセントを付けて。
   ・44の2拍目はdim。45の2拍目はmf。
   ・CからのVcとVnの掛け合いのフレーズは、自然にcrescとdim。
   ・Dの6小節前からDまでの八分は、スタッカート。
   ・Dからすぐにp。99からpp(一段と音量を落として)
   ・FからのヘミオラのVnⅠは、アクセントを強調。

  ☆次回はⅢ楽章とⅣ楽章、Ⅲ楽章をメインに少し細かく練習します

 【運命】・・・Ⅱ楽章をメインに練習しました。
  ・VaとVcのテーマは、スラーを丁寧に、かつ、リズム(付点)を正確に。
   また、テーマ/第一変奏/第二変奏ともに、各8小節の後半4小節を
   重点的に練習して下さい。
   第一変奏は、1小節単位のスラー。無機的な演奏にならにように、
   一小節ごとにきちんと歌って。
  ・Aの4小節目からのHrとTpは、各自チューナで音程確認。
    (c、eなどハ長調の基本的な音程を再確認)
  ・107からのVnⅡは、pないしはmpで。
  ・158からのVnとVaは、コンマスに合わせることを意識して。
  ・181からのVa→VnⅡ→VnⅠのEs-Durのスケールは、ppではなく
   しっかりと弾く。

  ☆次回はⅢ楽章とⅣ楽章、Ⅳ楽章をメインに少し細かく練習します

 【カルメン】
 (No4.Les dragons d'Alcala)・・・前回同様の注意です
  ・Aから、アウフタクト(裏拍)の入りは、何度も練習して慣れるようにしましょう。
   CDを聞いて、入るタイミングと、弾く音符の数(間違えやすい)を覚えるようにしましょう。

 (No5.Les Toreadors)
  ・ゆっくりと何回も繰り返し練習して下さい。
  ・Cの5小節目からテーマ(エスカミーリョのテーマ)は、以下の2点に注意して下さい。
    1)付点音符を正確に弾くように
    2)フレーズの最後に8分休符を入れる(フレーズをつなげない)

  ☆次回もNo4.Les dragons d'AlcalaとNo5.Les Toreadorsです。
 
◆ワクワクオーケストラ入門

指揮者が見ている楽譜って色々な楽器やパートが載ってますが、あれって
なんですか?
あれは「総譜」です。別名「スコア」と言います。
スコアって何?
スコアは、何も指揮者だけが使うのではなく、
アンサンブルの練習にはとても役に立つガイドブックのようなものなのです。
では、どのように使うかというと、自分がこんなことをしている時、
他のパートは何をしているのかな?を確かめるとか、
自分は一体メロディーをしているのか?伴奏をしているのか?
裏メロなのか?を理解するとか、他のパートの音量をチェックして、
相対的に自分はどの位の音量で弾かなければいけないのかを考えるとか、
どのパートを聞けばアンサンブルがうまくいくか研究するとか、
オケ全体でどんな和音を響かせているのか理解するとか、
合奏練習中に他のパートが注意されている箇所を確認するとか…。
ま、いろいろ勉強するのに使います。
パート譜からは、断片的な情報しか得られないので、スコアを見ます。
指揮者の使うような大きなものではなく、
たいていの曲はミニチュアスコアというA5版のスコアが売っています。
1000円以内で手に入るものがほとんどなので、
自分がのっている曲のスコアは持っていた方がいいかも知れません。
いや、ぜひ買ってきちんと勉強すべきでしょう。

ちなみに、いつもみんなが使っている楽譜は、パート譜です。
個々人に配られる譜面のことです。
自分のパート分だけの譜面になっています。

*上記の文章はインターネットによる「Amateur Orchestras' Room!」の
「 アマオケ業界?用語・略語辞典」より参考にさせていただきました。
とても参考になるサイトなので、ぜひご覧下さい。
http://www.geocities.co.jp/Hollywood-Kouen/1834/aojiten.html

次回の練習日は1月29日(日)
吹上中央公民館です。

2006年1月7日 あけましておめでとうございます♪

☆1月7日(土)新年会☆

あけましておめでとうございます。

いよいよ今年は第一回定期演奏会。
そう!鴻巣フィルのデビューの年です。
今年も頑張りましょうね♪

新年会が1月7日(土)まほろばの郷で行われました。

大人子供含めて約40人近くの方が集まりました。
まほろばの郷は小さな舞台があるので、宴会しながらの余興で即興演奏会と相成りました。
皆さん楽器持参・楽譜持参でいろいろな組み合わせで演奏しました。
その時の様子です。

☆今年も宜しくお願いします♪
20060107-01.jpg

☆お食事はバイキング形式です。
20060107-02.jpg

☆すっかりくつろいでる低弦の皆さん。
20060107-03.jpg

☆親睦を深めましょう。
20060107-04.jpg

☆まずはカルテットでポピュラー曲を。
20060107-05.jpg

☆お正月らしいメロディーなんです。
20060107-06.jpg

☆生演奏がバックです。贅沢?
20060107-07.jpg

☆チェロアンサンブルに挑戦! そして崩壊?
20060107-08.jpg

☆初見大会とは思えない息の合った演奏。
20060107-09.jpg

☆負けずとホルンもバッチリ演奏。
20060107-10.jpg

☆さらにシャンソンも。プチカラオケ状態!
20060107-11.jpg

☆ビギナーだって負けないぞ!!
20060107-12.jpg

☆鈴木の3巻メヌエット演奏です。
20060107-13.jpg

☆メヌエット第2弾!
20060107-14.jpg

☆新年会はこうして幕を閉じました。
20060107-15.jpg

これぜーんぶ組み合わせ自由の初見大会です。
皆さん楽譜を各自持ち寄り、思ったより沢山の飛び入り参加でびっくりです。
一人でヴァイオリン・ビオラ・チェロ持参で全部弾いちゃったり!!
ギターもあり、プチトランペットもあり・・・。  これもかくし芸?
次回は「手品」とか「漫談」なども募集しますね!
また、お子さんやご家族の方も、もっともっと楽しめるようなイベントも考えてゆきたいと思います。

次回の練習日は1月15日(日)
吹上中央公民館です。

«  | ホーム |  »

プロフィール

鴻巣フィルハーモニー管弦楽団

Author:鴻巣フィルハーモニー管弦楽団
鴻巣フィルのオフィシャルブログへようこそ!感動あり、笑いあり、涙ありの日々の活動の記録を綴ります。お楽しみに!
★弦楽器全般、Fg、Trb(I・II奏者)募集中

FC2カウンター

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
練習 (407)
本番 (37)
その他 (25)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR