2008-01

2008年1月20日 今回も全曲譜読みをしました♪ いい曲なのに...

1月20日(日)
第3回定期演奏会 ☆第3回練習☆
 
☆今年2回目の練習は吹上公民館でした。

今回で2回目の譜読みです。前回よりは譜面読めていたような・・・・?
むずかしい所、自分のパートが目立つところ、などなど、演奏しながらポイントをチェック!

どの曲も難しいけど、とってもやりがいのある素敵な曲ばかりです。
まだまだインテンポでは弾けませんが、練習を重ねて6月の定期には
頑張って弾けるようにしましょうね!
20080120-1.jpg

20080120-2.jpg

後半の練習では、ゆっくりのテンポでプロコフィエフの「古典交響曲」を練習。
木管がとても難しいのでまだまだゆっくりです!

今年入団した団員や、今回、見学に来た方も楽しそうに演奏してます。
次回からは、少し細かく練習します。大まかに弾けるようになったら、
今度はポイントを中心によくさらっておきましょう!
20080120-3.jpg

20080120-4.jpg

4時から5時半位まで、「依頼演奏・朗読コンサート」の練習をしました。
まだ、歌と合わせていませんが、次回バリトンの原田さんと合わせるのがとっても楽しみです☆

◆練習ポイントコーナー

☆このコーナーでは、自宅での予習・復習、
また練習に参加できなかった方のために、今回の練習のポイントを
まとめてみました。
ぜひ、練習の参考にして下さい。
♪は重要な点です。

 【G線上のアリア】

  ♪他のパートを十分に聴いて演奏出来るように、早く自分のパートを自分のものにして下さい。
  ・2ndの人数が多すぎるので、G線上だけ1stに移る人を募集します。
  希望される方は、ご連絡をお願いします。

 【大学祝典序曲】
  ♪ビギナーの方は、細かく正しく弾くことは相当難しい曲だと思います。
   Eからのいかにもブラームスらしいフレーズでは、4分音符や2部音符などの弾ける所を
   たっぷり弾いて下さい。
   ブラームスの響きに参加出来る喜びを、皆さんで共有しましょう。
  ・54~59までのリズムを注意して下さい。
   弦楽器のリズムは、管楽器と一緒ではなく、半拍ずれます。

 【古典交響曲】
  ・大まかに曲の感じは理解出来てきたかと思いますが、変拍子の部分や、不規則な
   楽節の部分などで落ちたりする場合が散見されますので、CDなどを聞いて楽曲の把握に
   努めてください。
  ・各楽章の大まかなテンポです。
   Ⅰ楽章・・・練習/2部音符≒80、本番/2部音符≒85~90
   Ⅱ楽章・・・練習・本番/4部音符=54(楽譜指示通り)
   Ⅲ楽章・・・練習/4部音符≒100(本番もこの位か、若干少し早くなる程度(105位))
   Ⅳ楽章・・・練習/2部音符≒90、本番/2部音符≒115~120(希望的テンポ)
  ・大変なのは、Ⅰ楽章とⅣ楽章ですので、今後重点的に練習して行きます。

 【ブラ2】
  ・ともかく、重たく、重たく、重たい音楽を。
  ・音符が短くテンポが先に行ってしまう事、同じリズムの繰り返しが早くなる、
   フレーズの最後の音が短いなどへ厳禁です。くれぐれも注意して下さい。
  ・各楽章の大まかなテンポです。原則、練習は本番に近いテンポで作って行きたいと思います。
   ご協力下さい。
   Ⅰ楽章・・・4部音符≒90~95
   Ⅱ楽章・・・8部音符≒70~75(倍テンポで感じて、たっぷりしたテンポで)
   Ⅲ楽章・・・4部音符≒85
   Ⅳ楽章・・・2部音符≒90~95
 
◆ワクワクオーケストラ入門
☆今回から、改めて楽しいお話を掲載します。
題して 管楽器「害」論?!

♪ トロンボーン篇
 単純で分かりやすい楽器です。伸びれば音が下がり、縮めば音が上がります。
これを連続してやると間の抜けた面白い音になるので、音楽教室などで子供たちに
よくアンコールをせがまれますが、最初は笑顔で応じていたトロンボーン吹きたちも、
何度もせがまれると、だんだんイヤな顔になってきます。
あまりに原始的な楽器であることに、自分たちもアホらしくなってくるのです。

 トロンボーンはスライドを伸ばす距離で音程をとる楽器なので、五線の音程を
スライドの動きに変えてヴァーチャルに見せてくれる面白い楽器でもあります。
 似たように、視覚的に分かりやすく音程を距離でとる楽器が他にもあります。
弦楽器がそうですね。弦楽器の指はトロンボーンのポジション(開放の音からの距離)に
相当します。
と言っても、五線のドからレへの、わずか数ミリの距離が、弦楽器では指1本動かせば済む
のに対し、トロンボーンでは片腕を一杯に伸ばさないと届かない距離になってしまいます。
しかもその距離を、他の楽器と同じ時間単位で動かさなければいけないから大変です。
 曲がアレグロの16分音符だったりすると、
トロンボーン奏者の右腕はボクシングの世界チャンピオンが繰り出す
右ストレート並みの加速度で動くことになります。
それで見事、前にいるファゴット奏者に命中しても、誰も誉めてはくれませんから、
いかに報われない努力を彼らが強いられているかがよく分かりますね。

♪ テューバ篇
 巨大な二酸化炭素還元器です。
我が家の車は排気量1500ccですが、平均肺活量3000cc前後といわれる成人男性が
テューバを吹けば、それだけで車2台分のCO2を排出することになります。
プロのテューバ奏者ともなれば7000ccを超える人もいて、こうなるとテューバ奏者こそ
地球温暖化の元凶だったことは明らかじゃないでしょうか。
なぜ今まで誰も騒がなかったのでしょう?

 顔面に占めるマウスピースの割合は、赤ちゃんの顔に占めるおしゃぶりよりも大きく、
ほとんど酸素マスクに近い大きさです。
楽器は巨大で、まさに大きなホラ穴に息が吸い込まれるような感覚になります。
何を叫んでも吸い込んでくれますから、本番中に「うちの指揮者はロバの耳!」
と叫んでも安心です。
でも唾を抜くときにはご注意! 
間違った管を抜くと、今まで吹き込んだ罵詈雑言があふれ出て来るかも知れませんから。

(クラリネット 佐藤 拓)

◆ワクワク広場

☆このコーナーは、団員参加の広場です。
今回は「私とブラームス」というお題で投稿を
募集しました!

ブラームスの音楽は私にとって「世界で一番優美で切ない恋文」です。
彼がつくった美しい数々の旋律は 常にクララ・シューマンへの思慕が
いちばん深いところに流れていると感じます。彼は生涯クララ以外にも
数人の女性と恋愛をしたらしいのだけれど クララへの想いは次元の
違うところでいつも彼の心を占めていたと私は思います。
ブラームスの曲を弾いていると ここは日が昇って部屋に柔らかい光がさしこんでいる
ところ とか 彼のこころのときめきー心臓が弾んでいるところ、クララと
心をかよわせた美しい思い出、夜の湖畔に映る月、森の鳥たちの声、など
とても豊かにイメージをかきたてられます。その中で チェロは常に彼の心情の
吐露を担当していて 「あなたを心から敬愛しています。」とうたっているよう。
交響曲によくあるバイオリンとチェロのかけ合いの部分は二人のこころが
美しく融合していくところをうたっているように感じます。
ときどき彼の切ない思いが胸にせまってきて練習しながら涙がでそうに
なったことがありました。私自身もかなり重傷かな。
今回弾く2番のシンフォニーを聴くと いつも ゲーテの詩の一節が浮かんできます。
ブラームスもゲーテが好きだったそうだから彼もきっと読んで霊感をかきたて
られたのではないかしら。抜粋です。

この世界にあって汝らに至福をあたえるのは
人智をこえた神の平安、と書かれてあるが
この神の平安にたとえよう、最愛の人とともにある
そのときの、愛の心の明るい安らぎを。
そのとき心はやすらい、この人と一体なのだ
という奥深い感覚を乱す何ものもありえない。

そのまなざしをうければ太陽に身をさらすごとく、
その息にあえば春の気に身をつつまれるごとく、
冬の地下霊廟深く、ひさしく閉ざされ
こわばり氷っていた自己心が融けてゆく。
利己心も我意も、はや永らうことなく、すべて
あの人の近づく足音に洗い流される。

(マリーエンバート悲歌 より)

あの心にしみる美しい旋律を心をこめて弾かせていただきたいと思うものです。

(ブラームス大好きな匿名希望さん♪)

鴻巣フィルではワクワク広場の記事を募集いたします。
今回のお題は、「私とブラームス」ですが、
それ以外のタイトルでもOKです!
ふるってご投稿してください!お待ちしております!
あて先は鴻巣フィルメールまで。
kounosu_phil@yahoo.co.jp

◆2月3日(日)の練習は吹上公民館です。
午前中9時半集合10時よりスタッフ会議があります。
参加は自由なので興味がある方はぜひ参加して下さい。
スポンサーサイト

2008年1月6日 2008年スタート♪

◆1月6日(日)
第3回定期演奏会 ☆第2回練習☆

あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします!

今年初の練習です。ちょっぴり正月ボケしてるかな?

今回も、譜読みが中心です。まだまだ弾きなれていないので、飛び出したり、落ちちゃったりで
四苦八苦です。まだまだ時間はたっぷりありますので、慌てずじっくりさらいましょう!
どの楽器と一緒なのか? とか、 どの楽器の次に入るのか? とか、
ポイントをチェックしながら練習しましょう。

まだ、まっさらな楽譜だとは思いますが、指揮者やコンマスが言った注意事項は
必ず書き込むようにしましょう!
また、指揮者がタクトを降ろしたら、すぐに音を出すのはやめましょう!
注意したり、繰り返したりするのに、まだ音が残っているとなかなか先に進みません。
また、他のパートの注意をしている時には練習しないように!
気持ちはわかりますが、他のパートへの注意・指導も良い勉強になります。一緒に聞きましょう!

アマチュアオケはなかなか練習する時間が限られていますので、時間を有効に使いましょうね。
今年は「時間厳守」を守って、少ない時間の中でも、中身の濃い練習をしましょう☆
20080106-1.jpg

20080106-2.jpg

団員の人数が多くなり、なかなか名前が覚えられません。
そこで、名札を付けることとなりました。

実は、このオケに最初からいる方は、覚えているでしょうか?
手作りの猫ちゃんマークの名札。

当初は、みんな初対面と言うことで、楽器と名前をお互いに覚えるため、
スタッフが手作りで名札を作りました。
画用紙をのりとハサミで形を作り、名前をマジックペンで書き、安全ピンで留めて・・・。
うーん懐かしい。今回はうれしいことに団員が増えての実行です。
名札も既製のものを使用☆

そういえば、団費も銀行振り込みになりました。
わが鴻巣フィルも進化してます!

演奏の腕前も進化させましょうね!

昔の名札と現在の名札です!
20080106-3.jpg

朗読コンサートの練習も始まりました。
鴻巣フィルでは初めての依頼コンサートです。
企画物なので十分楽しめると思います。
参加されている方、よろしくお願いいたします!

◆練習ポイントコーナー

☆このコーナーでは、自宅での予習・復習、
また練習に参加できなかった方のために、今回の練習のポイントを
まとめてみました。
ぜひ、練習の参考にして下さい。
♪は重要な点です。

 【G線上のアリア】
  ・普段あまり演奏する機会が少ないポリフォニー(複数の声部が協和し合って進行する音楽)です。
  ♪自分のパートの音を正しく弾けるようになる事は勿論ですが、それ以上に、各パート(声部)は、
   他のパートを十分に聴いて演奏する事 に傾注して下さい。


 【大学祝典序曲】
  ♪全体的に不用意にテンポが速くならないように注意して下さい。
  ・HrとTpは、pの練習を十分にして下さい

 【古典交響曲】
  ♪初見ですので、細かく要求は致しませんが、大変さが前面に出てしまい、
   この音楽が持っている「軽さ」「洒脱さ」を忘れないようにして下さい。

 【ブラ2】
  ♪学生時代に弾いた方や、既に何度も弾いた方がたくさんおられると思います。
   再度基本に戻って、スコアを見ながらCDを聴いて、自分のパートの位置付けや、
   他とのユニゾンについてなど再確認して下さい。
  ♪全ての楽章について、テンポが走らないようにして下さい。
   一音一音を丁寧にたっぷりと弾くイメージで。
 
◆ワクワクオーケストラ入門
鴻巣フィルではワクワクオーケストラ入門の記事を
募集いたします。
内容は、過去のワクワクを参考にしてください。
楽器紹介や音楽に関する豆知識など募集いたします。
あて先は鴻巣フィルメールまで。
kounosu_phil@yahoo.co.jp

◆次回の練習は
1月20日(日曜日)吹上公民館です。

«  | ホーム |  »

プロフィール

鴻巣フィルハーモニー管弦楽団

Author:鴻巣フィルハーモニー管弦楽団
鴻巣フィルのオフィシャルブログへようこそ!感動あり、笑いあり、涙ありの日々の活動の記録を綴ります。お楽しみに!
★弦楽器全般、Fg、Trb(I・II奏者)募集中

FC2カウンター

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
練習 (403)
本番 (37)
その他 (25)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR