2009-03

2009年3月29日 ボーイング決まりました。 たくさん練習して早く慣れましょう♪

◆3月29日(日)第4回定期演奏会 ☆第8回練習☆

☆今回は吹上公民館での練習でした☆

♪午前中、トップ分奏がありました。
鴻巣フィルではトップが集まって事前にボーイング付けをします。
なかなかみんなが集まれる時間が無いので少しずつですが、ボーイング決めていきました。
今回で3回目。ようやくチャイコの5番、最後までつけ終わりました。
これを基準にさらっていきますが、練習の経過でまた色々変わることがあります。
曲想・テンポによって変わっていくと思いますが、まずはこのボーイングでさらっていきましょう!
弦楽器の皆さん~早めにトップの方にボーイングを写させてもらって下さいね♪

♪朝早くから、トップ集結☆
20090329-1.jpg

♪いつも熱くなって弾くのに夢中(?)になってしまうけど、
今日こそは全部終わらせなければ・・・・!
みんな真剣(かな?)
20090329-2.jpg

♪試演奏(?)どうかなぁ~このボーイングでいいかなぁ~。色々確認、試し弾き。
もちろんこれからも変更有りですが、ようやく全部のボーイング付けが終わりました。
20090329-3.jpg

いよいよ練習です。今日は演目の曲、すべて全楽章弾いてみましょう。
20090329-4.jpg

♪できたら通しで・・・と試みますが、細かいところが気になり、止めて練習。
なかなか通して弾くのは難しいですね。
20090329-5.jpg
  
♪以前の譜読みの頃に比べると、だんだん曲らしくなってきました。
20090329-6.jpg

20090329-8.jpg

♪う~ん。やっぱり止めちゃう。
でも細かく練習する事も、とっても勉強になるのでしっかりさらいましょうね☆
20090329-9.jpg

♪次回の練習場所は「フレサよしみ」です。
迷子にならないよう、ホームページ等で確認してくださいね☆

◆練習ポイントコーナー

☆このコーナーでは、自宅での予習・復習、
また練習に参加できなかった方のために、今回の練習のポイントをまとめてみました。
ぜひ、練習の参考にして下さい。
♪は重要な点です。

【マイスタージンガー】
・前回も同様の注意をしていますが、全体的(特に金管楽器)に「音の洪水」になってしまっています。
 どこがメロディーなのかしっかりと把握して、相応の弾き方、吹き方をお願いします。
・38小節目のVnⅠとⅡの高いラの音は、アクセントを付けて。
 次の「ソファミ」が早く出てしまう人がいるので注意して。
【中央アジアの草原にて】
・28からの管の長い音は、pでもアクセントを付けてdim。

【小組曲】
(1.小舟にて)
・もっと全体的に繊細な音楽を。2連符の扱いやppの扱いなど繊細に。
・pとppの違いに注意して。
(2.行列)
・冒頭の弦のpizzは固めに。
・9の3小節前と2小節前は、1拍目の裏拍にアクセントがあるので注意。
(3.メヌエット)
・冒頭の木管は、アクセントの後の音は抜いて。
(4.バレエ)
・21の3小節前から21の入り方(テンポ)に気を付けて。

【チャイ5】
(Ⅰ楽章)
・コンマスを中心にアインザッツを出して入りを揃えて。
・繊細さと力強さの両方が必要。ただ強いだけでは、チャイコフスキーにはなりません。
提示部や再現部での弦の8分の刻み、もっと繊細に、さまようような感じを出して。
・Eの2小節前からEまでテンポが落ちないで。
(Ⅱ楽章)
・冒頭のバランスを注意、コントラバスの響きを感じながら上の声部は弾くようにして下さい。
・いろいろとテンポが動くので、周りに合わせながら弾けるようにして下さい。
(Ⅲ楽章)
・中間部の16分音符は、もっと軽い感じで弾けるように努力して下さい。
・Qのppはもっと小さく(繊細に)
(Ⅳ楽章)
・58からはf、62からffである事をお忘れなく。
・Eからの付点のメロディーは、もっと軽やかな感じで。

◆ワクワクオーケストラ入門
☆復活!傑作ビオラジョーク集 第5弾

♪指揮者:ダカーポの3小節前からどうぞ!
首席ビオラ:ちょ、ちょっと待って、譜面に小節番号が書いてないんだけど!

♪ビオラ奏者が家に帰ってみると、自宅は無残に焼け落ちていた。
いったい何が起きたのかと警察官に聞くと、
「ええ、明らかに指揮者があなたの家にやって来て…」
それを聞いたビオラ奏者、目をまん丸にして驚き、
「うちの指揮者が? わざわざ私の家へ?」
(練習欠席深謝!クラリネット/佐藤 拓)

◆次回の練習は4月5日「フレサよしみ」小ホールです。
前回の練習と間が1週間しかないので忘れずにね。
スポンサーサイト

2009年3月15日 第五回定演の演奏曲が全曲決まりました♪

◆3月15日(日)第4回定期演奏会 ☆第7回練習☆

☆久しぶりの川里農業研修センタでの練習でした☆

♪午前中、管分奏がありました。
2ヶ月に1回の管分奏です。今回は木管・金管と分けずに1まとまりで行いました。
日ごろの練習とは違って、音程やハーモニーの合わせなど、細かく練習ができたと思います。成果はいかに?
♪臨時団員ミーティングで第5回定期演奏会のビギナー&前プロを決めました!
前回、スタッフ&パートリーダーより、色々議論の結果、下記の3つの候補に絞られました。

①シベリウス/「カレリア」組曲
②スッペ/「軽騎兵」序曲+グリーク/「ペールギュント」より「朝」
③ドボルザーク/「謝肉祭」序曲+グリーク/「ペールギュント」より「朝」
20090315-01.jpg 20090315-02.jpg

まずはみんなで候補曲を聞いてみましょう!
20090315-03.jpg
  
どの曲がいいかな?知らない曲もあります。どんな曲なのかな?
20090315-04.jpg 20090315-05.jpg

曲によっては難しそうでざわめきが・・・ムリ・・・ムリ・・・弾けない・・・無理!
20090315-06.jpg 20090315-07.jpg

気持ちよくて寝てる?人もチラホラ・・・イエイエ、ちゃんと聞いてます♪
20090315-08.jpg 20090315-09.jpg
  
さぁ、どの曲が決まるのかな? いよいよ挙手で投票です。
20090315-10.jpg 20090315-14.jpg
  
ん?けっこう1番候補のカレリア組曲は人気です。
バードウォッチング的に数えてます。
20090315-12.jpg 20090315-13.jpg

結果発表!
①シベリウス/「カレリア」組曲・・・・30票   
②スッペ/「軽騎兵」序曲+グリーク/「ペールギュント」より「朝」・・・・16票
③ドボルザーク/「謝肉祭」序曲+グリーク/「ペールギュント」より「朝」・・・・10票
よって「カレリア」組曲に決定です!

さて、練習は今回も少し細かく分けてさらいます。みんな熱心ですね。
20090315-15.jpg

20090315-16.jpg

本番まではまだまだ余裕?みんなで楽しく曲作りをしてきましょうね。
20090315-17.jpg

20090315-18.jpg

20090315-19.jpg

次回3月は第5週目がありますので練習出席してね♪

◆練習ポイントコーナー

☆このコーナーでは、自宅での予習・復習、
また練習に参加できなかった方のために、今回の練習のポイントをまとめてみました。
ぜひ、練習の参考にして下さい。
♪は重要な点です。

【マイスタージンガー】・・・主にKから最後までを練習しました
・全体的に「音の洪水」になってしまっています。どこがメロディーなのかしっかりと把握して、
 相応の弾き方、吹き方をお願いします。
・Mの1拍目にテンポダウン。
・Nの1小節目はテンポを落としますが、2小節目の3拍目からすぐに戻しますので、
 遅れないように注意して下さい。

【中央アジアの草原にて】・・・全体を練習しました。各自必ず小節番号を書き込んで下さい。
・28からの管の長い音は、pでもアクセントを付けてdim。
・EからのVc,「ミファミ」の2回目の「ミ」はtenute、たっぷりと弾いて。

【小組曲】
(3.メヌエット)
・冒頭の木管の前内音+アクセントは、音をすぐ抜いて。
・9小節目のVnは、Tempo I(ritを継承し遅いテンポにならないで)。
・p→ppとある時のpはmpで。
(4.バレエ)
・バレエなので、軽やかに。音が長すぎると重たくなってしまいます。

【チャイ5】
(Ⅲ楽章)・・・一通り練習しました
・Aの3小節前のVnⅠ、Ⅱ、Vaのヘミオラは、音の頭にアクセントを付けて。
・VnとVaの16分の動き「ファソファソ/ラソファミ」の「ラ」はアクセントを付けて。
・木管、Hの2小節前からの「p→mp→mf→f」を大切に。
(Ⅳ楽章)・・・M(展開部)から最後までを練習しました
・(冒頭)音符のあとにある休符を大切に(不用意に音を伸ばしすぎない)
・Mの5小節目からは、feroce(荒々しく)。弦、管ともにしっかりと。
・234からは、VcとCbを聴いて。
・Rからのメロディーは、付点8分のリズムが甘くならないで。

◆ワクワクオーケストラ入門
☆復活!傑作ビオラジョーク集 第4弾

♪バイオリンケースを持った男が銀行に入って来たら、みんなが震え上がった。どうして?
「きっと中にマシンガンが入っていて、ぶっ放すと思うからね」
ビオラケースを持った男が銀行に入って来たら、みんなが震え上がった。なぜ?
「きっと中にビオラが入っていて、弾き始めると思うからね」

♪32分音符が弾けることを自慢したビオラ奏者がいたんだって?
「うん、オーケストラの誰も彼を信じようとしなかったら、彼、音1個だけ弾いて証明しようとしたんだ(笑)」
(鴻巣フィルのビオラは最強です/クラリネット・佐藤 拓)

◆次回の練習は3月29日吹上公民館です。
第5週目なので忘れずにね。
練習は全曲・全楽章です。がんばりましょう!
9:30~11:30まで弦のトップ分奏があります。

«  | ホーム |  »

プロフィール

鴻巣フィルハーモニー管弦楽団

Author:鴻巣フィルハーモニー管弦楽団
鴻巣フィルのオフィシャルブログへようこそ!感動あり、笑いあり、涙ありの日々の活動の記録を綴ります。お楽しみに!
★弦楽器全般、Fg、Trb(I・II奏者)募集中

FC2カウンター

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
練習 (397)
本番 (36)
その他 (25)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR