2009-04

2009年4月19日 ひと月ぶりに全パートがそろいました!旋律が途切れない喜び♪

◆4月19日(日)第4回定期演奏会 ☆第10回練習☆

☆今回は川里農業研修センターでの練習でした☆

♪午前中、一般弦分奏がありました。
2ヶ月に1回の一般弦分奏です。少しでも多くポイントをつかんで、アンサンブルをまとめて
ゆきたいですね☆
20090419-01.jpg

20090419-02.jpg

♪練習開始です。回を重ねるたびに、少しずつ曲らしくなってきました。
 川里の広々としたホールでの練習は気持ちいいですね!
20090419-03.jpg

20090419-04.jpg

20090419-05.jpg  
♪休憩時間も惜しまずさらってます。楽しそう~。
20090419-06.jpg

20090419-07.jpg

20090419-08.jpg
  
♪今回は子供達も沢山参加。6月の定期演奏会に向けて頑張ってます。
5月は合宿もあるので、それまでには演奏曲も形が出来てくるとよいですね☆
20090419-09.jpg

20090419-10.jpg

◆練習ポイントコーナー

☆このコーナーでは、自宅での予習・復習、
また練習に参加できなかった方のために、今回の練習のポイントをまとめてみました。
ぜひ、練習の参考にして下さい。
♪は重要な点です。

【マイスタージンガー】
・全体的にだいぶ整理されてきて、曲らしくなってきました。
・「縦の線を揃える事」と「管は4分音符や8分音符の吹き方を弦に合わせる事」をお願いします。

【中央アジアの草原にて】
・CのTrbは、pでも音の立ち上がりを明確に
・175からのメロディー「タララ~/タ~ララ~/~ラタララ」の3拍目の「~ラ」の入りに注意。
  この音が8分音符になっている人がいるので、注意して。

【小組曲】
(3.メヌエット)
・9小節目の入りを揃えて(8小節目はritあり)
(4.バレエ)
・冒頭の弦のメロディー「タ/タッタタッタ/タタタタ/タ」の「タタタタ」は
 1拍目の「タ」にアクセントを付けて。
・19の5~6小節目はcrescなし、7~8にcresc。
 同様に、26の5~6小節目はcrescなし、7~8にcresc。

【チャイ5】
(Ⅲ楽章)
・冒頭のメロディーは、1~2小節cresc、3~4小節dimの表情を付けて。
・弦の方は、木管の伴奏をしている時の音量を注意して(木管の伴奏時の音量が大きすぎます)。
・中間部(73~)の「ファソファソ/ラソファミ/レミレミ/ファミレド・・・」の16分、
 crescとdimが繰り返されますが、やっているうちにcrescとdimがなくなって
 しまうので注意して。
・Oの3~4小節目はcrescをお忘れなく。
・Qの弦、ppでもアクセントのある音とない音の引き分けを明確に。
(Ⅳ楽章)
・金管、Aの4小節目のハーモニーを揃えて(ceg)。
・58~はf、62からff。違いをきちんと付けて。
・504(Presto)のテンポ感が不揃いなので揃えて。

◆ワクワクオーケストラ入門
☆復活!傑作ビオラジョーク集 第7弾

シカゴ響の音楽家がガレージセールで古いランプを手に入れ、家でぴかぴかに磨いてみたら、
魔法使いが飛び出した。
「わしをここから出してくれてありがとう。しかし気の毒じゃが、わしは貧乏魔法使いで、
あなたの望みをたった一つしか叶えてあげることが出来ない」と魔法使いは言った。
「本当ですか! たった一つでも、世界を変えられるような願いごとができれば」と言って
音楽家はしばらく考えたあと、一枚の地図を差し出した。
「これは中東の地図です。ここにある国々の人たちは何年も戦争ばかりしている。
私の願いは、この地に平和をもたらすことです」
それを聞いた魔法使いは困った顔をして言った。「わが老体にはタフな願いじゃ。知ってるだろうが、
この地の人々は宗教的な信念で争っておる。何か他の願いはないものじゃろうか?」
「分かりました」と音楽家は言い、「では、たっての願い。シカゴ響のビオラセクションが
一度でもいいから音程正しく弾くのを聴いてみたいのです」と頼んだ。
魔法使いはそれを聞いて一瞬考えたあと、こう答えた。
「さっきの地図をもう一度見せてくれまいか?」
(クラリネット/佐藤 拓)

◆次回の練習は5月3日「吹上公民館」です。
午前中9時半よりスタッフ会議があります。
スポンサーサイト

2009年4月5日 今回は「フレサよしみ」小ホールで練習でした♪

◆4月5日(日)第4回定期演奏会 ☆第9回練習☆
 
☆今回は「フレサよしみ」の小ホールでの練習でした☆

♪午前中、スタッフ会議がありました。
今回の練習場所「フレサよしみ」は昨年の合宿でスカイホールを使用しましたが、小ホールは初めて。
ちょっと遠いですが、素敵な施設です。
20090405-01.jpg 20090405-02.jpg
20090405-03.jpg

♪スタッフ会議も小ホールで行われました。広すぎてちょと落ち着かない?
 第4回定期演奏会の進捗報告。7月に行われるバレエスクールの伴奏について。
 そして5月の合宿の計画など、話し合う議題はいっぱいです。
20090405-04.jpg

20090405-05.jpg
 
♪11時45分からビギナー分奏があります。小ホールでの練習、みんな熱心ですね。
20090405-06.jpg

20090405-07.jpg
 
♪いつもと違う雰囲気で合奏練習が始まります。
20090405-08.jpg

20090405-09.jpg
  
♪綺麗なホールでのびのびと練習!気持ち良いですね☆
5月の合宿2日目もこのホールでの練習になります。楽しみです!
20090405-10.jpg

20090405-11.jpg

20090405-12.jpg
◆練習ポイントコーナー

☆このコーナーでは、自宅での予習・復習、
また練習に参加できなかった方のために、今回の練習のポイントをまとめてみました。
ぜひ、練習の参考にして下さい。

◆練習ポイントコーナー
【マイスタージンガー】
・だいぶ声部が整理されてきて、メロディーラインが浮き出て来るようになりました。
・Aまでの8小節、弦楽器はもっと音の頭をはっきりと発音して、
  縦の線を揃えるようにして下さい。
・全体的にテンポの感じ方が軽いので、もっと重たく感じてください。

【中央アジアの草原にて】
・VcとCbのPizzは、だんだん早くなってしまうので、テンポキープに心掛けて下さい。

【小組曲】
(1.小舟にて)
・フレーズの変わり目でテンポをためる箇所、もっと全員が注意して揃えて
(1の2小節前、7の1小節前など)
・アルペジオの上行形はdim(冒頭のVn)
(2.行列)
・Moderatoなので裏拍が感じられるテンポで
(全体的にAllgroのようなテンポ感になっています)
・8はsub Pを守って

【チャイ5】
(Ⅰ楽章)
・冒頭の4分は、重たく長めに。
・Dの「ターンタタ」の「タタ」が早いので、堂々とした感じが出ません。
  一音一音しっかりと。
・Fの2小節目のsfpの「p」が足りません。もっと小さく。
・169の2拍目は、1つ1つの音を丁寧に長めに。そして次の主題へ。
(Ⅱ楽章)
・冒頭は2部音符の弾き方を揃えて。
・Bの1小節前はdimを付けて。
・Bから気品を持った音で。

◆ワクワクオーケストラ入門
☆復活!傑作ビオラジョーク集 第6弾

アメリカのオーケストラが2週間のツアーでヨーロッパにやって来た。
ところが、公演初日の1時間前になって突然、指揮者が病気で指揮できなくなり、
オーケストラは急遽、代役を探さなければいけなくなった。
オーケストラのマネージャーは楽員全員を集め、この中に誰か指揮できる人間はいないかと
尋ねた。
一人だけ名乗りを挙げたのは、ビオラの一番後ろの席に座っている人間だった。
マネージャーは疑わしそうに言った。「あなたをオーディションしている暇はないのですよ」
ビオラ奏者は、「大丈夫です」と答えた。
「リハーサルする時間もない。ぶっつけ本番なんですぞ」
「分かってます。問題ありません」
結局、そのビオラ奏者は見事に指揮をしてのけ、コンサートは大成功だった。ツアー中、
指揮者の病気が回復しなかったため、ビオラ奏者は残りのコンサートもすべて指揮し、
毎回スタンディングオベーションをもらった。
ツアーから帰った次のリハーサルで、指揮者がやっと復帰し、
ビオラ奏者はいつものセクションの一番後ろの席に戻った。
彼が席に座ったとき、プルトの隣りの人間が急いでこう聞いた。
「おい、この2週間、いったいどこ行ってたんだよ!」
(練習欠席深謝!クラリネット/佐藤 拓)

◆次回の練習は4月19日「川里農業研究センター」です。
午前中一般弦分奏があります。参加してね☆

«  | ホーム |  »

プロフィール

鴻巣フィルハーモニー管弦楽団

Author:鴻巣フィルハーモニー管弦楽団
鴻巣フィルのオフィシャルブログへようこそ!感動あり、笑いあり、涙ありの日々の活動の記録を綴ります。お楽しみに!
★弦楽器全般、Fg、Trb(I・II奏者)募集中

FC2カウンター

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
練習 (412)
本番 (37)
その他 (25)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR