2009-09

2009年9月20日 午前は金管分奏。ファミコン練習もいよいよ後半戦に突入!

◆9月20日(日) 第4回ファミリーコンサート ☆第8回練習☆

☆今回は吹上公民館で練習でした☆

♪午前中、金管分奏がありました。
☆金管分奏の様子を中村さんに聞いてみました。
「午前中は金管分奏を行いました。最初はロングトーンやタンギングなどの基礎練習。次に、ハミングや楽器でのハーモニートレーニング。最後に曲練習(キャンディードとスペイン)を行いました。成果は確実にあったでしょ?午後の合奏の時に、金管が鳴っているのに気付きませんでしたか。実は鴻巣フィルの金管セクションは磨けば光る人ばかりなのです。今後の金管セクションの成長を乞うご期待!(中村記す)」

♪午後は合同練習です。シルバーウィーク中でしたが、それでも沢山集まりました。
20090920-1.jpg

20090920-2.jpg

♪前半はビギナー参加曲です。ペルシャは久しぶり♪
20090920-3.jpg
  
♪弦楽器も金管楽器も細かい所を何度も反復練習。
20090920-4.jpg

20090920-5.jpg

♪いろいろ支持を受けての「音楽作り」です。
20090920-6.jpg

♪後半は一般参加の曲を練習。ちょっぴりレベルアップで四苦八苦
20090920-7.jpg

♪午前中の金管分奏の成果は出てるかな?
20090920-8.jpg

♪充実した練習でした。
20090920-9.jpg

まだまだ連休続きます!頑張って練習しましょうね☆

◆練習ポイントコーナー

☆このコーナーでは、自宅での予習・復習、
また練習に参加できなかった方のために、今回の練習のポイントをまとめてみました。
ぜひ、練習の参考にして下さい。

【ペルシャの市場にて】
・Cからのフレーズ(お姫様のフレーズ)、メロディーが少し重たくなります。
 もう少し前へ持ってゆく感じで。

【スラブ舞曲】
・全体的にちょっとテンポが重たい感じです。
 今日の練習で少しテンポを上げましたが、もう少し快活なテンポ(Presto)を意識して
 演奏するようにして下さい。 特に、Aからの木管が重たいので注意して下さい。

【アダージェット】
・今回も2~3を練習しました。以前もお願いしてありますが、ブレスをする箇所
 (次の小節へ入るのをほんの少し待つ箇所)が沢山あります。
 休んだ方は、出席された方から確認するようにして下さい。
・2ndVnは、2の5小節目から7小節目ともかく音量を維持して。小さくならないで。

【キャンディード序曲】
・とても良い感じが出て来ました。特に、金管は午前中の分奏の成果で、華々しい音が出て来ました。
 管楽器、弦楽器ともに、音の立ち上がりを鋭くする事を意識して下さい。
 そうすれば、今日のようなシャープな演奏になります。

【スペイン奇想曲】
・「小節の頭の音にアクセント」、これが全ての基本だと思ってください。
 色彩感、軽快さ、これらを表現する為には、音符全てが均等では、とても重たい、
 ニュアンスの変化がない音楽になってしまいます。是非、注意して下さい。

◆ワクワクオーケストラ入門

☆復活!傑作ビオラジョーク集 第20弾
♪・ソプラノ歌手とテロリストの違いは?
「テロリストとは少なくとも交渉ができる」

♪・ドアに立っている男が声楽家だとなぜ分かったの?
「キーを見つけられなかったし、いつ入っていいのかも分からないみたいだったから」
(今回は少し大人っぽいジョークでした/クラリネット・佐藤 拓)

◆次回は10月4日です。練習場所が県民活動センターなので
気をつけてね。
初めての場所なので、事前に確認してきてくださいね
午前中、スタッフ会議があります♪
スポンサーサイト

2009年9月6日 ファミリーコンサート準備開始!ご協力お願いします♪

◆9月6日(日)第4回ファミリーコンサート ☆第7回練習☆

☆今回は久しぶりに川里農業研修センターでした☆

♪午前中、スタッフ会議がありました。
いよいよ12月のファミリーコンサートに向けての準備です。各担当の確認等話し合いました。
コンサートの準備以外に、今後の団の運営課題なども密な話し合いが行われました。
20090906-1.jpg

20090906-2.jpg

♪練習開始です。少しずつ上達してます。
20090906-3.jpg

♪川里の練習所は広いのでのびのび弾けます。
20090906-4.jpg
 
♪黒川先生より弦の細かいポイントを指導してもらってます。
20090906-5.jpg

20090906-6.jpg
 
♪細かく区切って何度も反復練習。効果も出てきました。
20090906-7.jpg

20090906-8.jpg

♪重厚な低弦も大活躍です。
20090906-9.jpg

毎週連続3回の練習!曲もそれなりに少しづつわかってきました。
むずかしい技術やテンポの速い部分など、反復練習は欠かせません。
頑張りましょう!

◆練習ポイントコーナー

☆このコーナーでは、自宅での予習・復習、
また練習に参加できなかった方のために、今回の練習のポイントをまとめてみました。
ぜひ、練習の参考にして下さい。

【スラブ舞曲】
・管楽器、冒頭のハ長調の主和音、何度も練習していますが、揃ってきません。
 Cが基本でEとGがそれに乗る。Cを大きく、EとGはそれより小さく。音を響き合わせる。
 などなど、いろいろな事をお願いしています。ともかく、合わせる努力をお願いします。
・前回もお願いした、最初の主題「2小節のヘミオラ後の、3小節目のアクセント」
 もっとこの音形を出して下さい。
・木管、Aの前ff、Aからp。音量の違い、音の質の違いをキチンと付けて。

【ウィーンの森の物語】
・前に演奏する曲との曲想の違いに注意して。ベートーベンのような力強いfの弾き方にならない。
 余裕を持った3拍子、急いたようにならないゆとりを持った3拍子。
 語尾(音の最後)を強くしない、などなど、合奏中にお願いしている事を、よく思い出してから
 弾き始めるようにして下さい。
・特に木管でメロディーを吹いている人は、コンマスを常に見て。
 シュトラウスの音楽はもっとエスプリに富んだ、自由に動く音楽です。
 ただし、その動きの中心はコンマスである事を肝に銘じてください。
・シュトラウスでは、TpやTrbに時々ソロが出てきます。
 もう少したっぷり吹いて下さい(遠慮し過ぎ)。

【アダージェット】
・2~3迄を練習しました。この部分は、ヘ長調(♭1つ)→変ト長調(♭6つ)→ホ長調(#3つ)→
 ニ長調(#2つ)と変化し、3のヘ長調(♭1つ)と言う様に、目まぐるしく調性が変化します。
 もし習っていれば、各調性の音階練習をしてみて下さい。譜面の音が弾き易くなると思います。
 もし習っていなければ、エチュードなどを見て、この4つの調の音階練習をしてみて下さい。
・次回も2~3迄を練習します。

【キャンディード序曲】
・アメリカらしい派手さを出したいと思います。
 その為にも、32小節目からの「ソラシド/ドミミ~(gliss)」、この音形のglissは大げさに。
 また、133小節目ffの後のcrescも十分につけるようにして下さい。

【スペイン奇想曲】
・Mの6小節前からのVnⅠとVnⅡ、16分が早くなる。あくまで3拍子の円運動の中にある事を
 意識して。
・QのVnとVaのメロディー、小節の頭にあるアクセントが徐々に甘くなってしまいます。
 6小節間必ずアクセント。
・Qの12小節目から(animato)テンポを速くします。

◆ワクワクオーケストラ入門
☆復活!傑作ビオラジョーク集 第19弾

テューバが、84小節休んだあとに出て来るソロで落ちてしまった。
指揮者はオケを止め、テューバ奏者に聞いた。
「なぜ吹かない?」
「84小節休みがあるんです」
「もうその84小節はとっくに過ぎた。君は数を数えられないのか?」
「休符を振ってくれたら数えられたのですが」
(モーニングコールみたいなサービスがあるといいですね/クラリネット・佐藤 拓)

◆次回は9月20日です。吹上公民館です。
午前中、木管・金管分奏があります。ぜひ参加してね

«  | ホーム |  »

プロフィール

鴻巣フィルハーモニー管弦楽団

Author:鴻巣フィルハーモニー管弦楽団
鴻巣フィルのオフィシャルブログへようこそ!感動あり、笑いあり、涙ありの日々の活動の記録を綴ります。お楽しみに!
★弦楽器全般、Fg、Trb(I・II奏者)募集中

FC2カウンター

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
練習 (397)
本番 (36)
その他 (25)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR