2009-10

2009年10月18日 初めての練習場所シリーズ② 北本市勤労福祉センター♪ 

◆10月18日(日)第4回ファミリーコンサート ☆第10回練習☆
 
☆今回は初めて北本市勤労福祉センターでの練習でした☆

♪午前中、弦分奏がありました。
☆今回はビギナー・一般を含めてマーラーのアダージェットを時間をかけてゆっくり練習しました。
勤労福祉センター。ちょっと懐かしいレトロな雰囲気の練習場です。
 
リズムや間の取り方など、とても難しい曲なので細かく分けて1つ1つ確認をしながら練習しました。
20091018-1.jpg

20091018-2.jpg

ハープの代わりにピアノで再現。
20091018-3.jpg

コントラバスも迫力あってかっこいい~!
20091018-4.jpg

午後は全体練習です。午前中の弦分奏の成果は出てるかな?
20091018-5.jpg

今回のファミコンの選曲は華やかなメロディーがいっぱいです。
20091018-6.jpg

♪次回の練習から全曲になっていきます。
今まで指摘された練習ポイントを確認しておきましょう

◆練習ポイントコーナー
☆このコーナーでは、自宅での予習・復習、
また練習に参加できなかった方のために、今回の練習のポイントをまとめてみました。
ぜひ、練習の参考にして下さい。

【全体的に】
・各曲ともだいぶその曲らしい雰囲気が出て来るようになりました。
 この調子で音楽作りを進めてゆきましょう。
 次回からは最終仕上げの段階に入り、全曲を練習するようにします。
 あまり細部にこだわらず、曲想の表現に 注力して行きますので、よろしくお願いします。

【ペルシャの市場にて】
・市場の生きいきした場面の描写です。
 1曲目の為、音の立ち上がりが悪く、生きいきした感じが出ません。
 弓の速度、息の速度に注意して下さい。

【スラブ舞曲】
・黒川先生からご指摘があったように「Presto」の音楽になっていません。
 「テンポを早くする」と言う事ですが、「もっと早い、快活な踊りを表現する」と言うように、
 理解して下さい。

【アダージェット】
・午前中の分奏の成果もあり、だいぶ曲想が深まってきました。特にVn1にお願いした事ですが、
 「自分の楽譜にかぶりつきでなく、前の人のボーイングを意識する事」を、全員注意して下さい。
・また、今日ピアノでハープのパートを弾いて頂きましたが、「片耳でハープを聴いて」と
 お願いした所は、本番でも忘れないで下さい。

【キャンディード序曲】
・活気に溢れた感じが出てきたのは良いのですが、全てガチャガチャして
 ちょっと雑な感じがしてしまいます。
 やはり、フレーズの始まりを明確にする事や、メロディーと伴奏のバランスを気をつけるなど、
 再度原点に戻って
・83からの中間主題は、もう少し敬虔な気持ちを込めて。

【スペイン奇想曲】
・毎回お願いしている事ですが「小節の頭の音にアクセントを付け、それ以外を抜く」と言う弾き方、
 吹き方を徹底して下さい。各拍を均等にアクセントを付けて奏する場合もありますが、
 これはどちらかと言えば重たい演奏をする場合です(運命の冒頭など良い例です。
 運命の冒頭で音を抜いたら・・・想像できますよね)。
 スペインはこれと逆をやりたいのです。是非、理解して下さい。
・細かい所でアンサンブルが乱れます(特に金管)。縦の線をそろえるようにして下さい。
 Ⅲの冒頭のテンポ、Ⅳのファンファーレ、Pの6小節前~Pなど)。

◆ワクワクオーケストラ入門
☆復活!傑作ビオラジョーク集 第22弾

♪これは本当にあったというエピソード。
 偉大な指揮者クナッパーツブッシュが、ルール地方のボッフムという町にある、
 かなり格下のオーケストラを振りに来た。
 コンサートが終わり、興奮したオーケストラの理事長がやって来てこう聞いた。
 「マエストロ、一つ教えて頂きたいのですが、ボッフム交響楽団を最後に指揮したのは
 いつでしたっけ?」
 クナッパーツブッシュはこれに答えて、「今晩」。
 (もうコリゴリという意味です。念のため/クラリネット・佐藤 拓)

◆次回は11月1日です。
練習場所は北本市コミュニティーセンターです。
ここも初めての場所なので事前に確認し余裕を持って
きてくださいね

♪ファミリーコンサートのチラシ・ポスターが出来上がりました
みなさん広報活動にご協力ください!

♪午前中、スタッフ会議があります。
スポンサーサイト

2009年10月4日 初めての練習場所シリーズ① 県民活動センター(伊奈)♪ 

◆10月4日(日)第4回ファミリーコンサート ☆第9回練習☆
 
☆今回は初めて県民活動センター(伊奈)で練習でした☆

♪午前中、スタッフ会議がありました。
☆初めての県民活動センター。大きな建物で迷子になりそうでしたが、
広いリハーサル室にてスタッフ会議をしました。
12月に行われるファミリーコンサートの進捗報告。鴻響楽出演にあたっての確認・打ち合わせ。
念願の打楽器購入に関しての話し合いが行われました。今回も中身たっぷりの会議でした。
♪広いホールでのビギナー分奏です。
照明はちょっと暗かったけど、素敵なホールでの練習でした。
20091004-1.jpg

ボーイングや曲想などだんだん確定してきているので、みんな真剣に練習しています。
20091004-2.jpg

20091004-3.jpg

♪全体練習です。音が少し反響しすぎるので、広いながらも寄り添って練習です。
20091004-4.jpg

午前中に開いたスタッフ会議の報告です。
ファミリーコンサートや鴻響楽での本番があるのでみんな真剣に聞いてます。
20091004-5.jpg
   
ファーストヴァイオリン・セカンドヴァイオリンそれぞれ細かい所を集中して練習。ガンバレ~!
20091004-6.jpg

20091004-7.jpg

コントラバス・チェロと新しいメンバーが参加。最近弦楽器の新入団者が増えてます。
20091004-8.jpg

子供達も真剣に聞き入ってます。弾く楽しさや音を作る楽しさがいっぱい☆
20091004-9.jpg

1ヶ月後には鴻響楽・2ヶ月後にはファミリーコンサートと
いよいよ本番が控えてます!頑張って練習しましょうね☆


◆練習ポイントコーナー

☆このコーナーでは、自宅での予習・復習、
また練習に参加できなかった方のために、今回の練習のポイントをまとめてみました。
ぜひ、練習の参考にして下さい。
♪は重要な点です。

【スラブ舞曲】
・1回目の合奏について、2小節目からのテンポ感が重たい。
 Presto(きわめて早く)のワルツのテンポ感を、一人一人が感じ取ってください。

【ウィーンの森の物語】
・雰囲気が出てきているものの、弾いているうちに「力強い演奏」になってしまいます。
 力強さは不要、情緒感溢れる曲に。
・その為にも、pが続くと、いつの間にかmf位になってしまいますので、音量に注意して下さい。

【アダージェット】
・2の5~8小節目までは、ともかく大きな音で。同様に、4の9小節目からもmolto crescし、
 最後から9小節前から5小節前までは、自分の全ての力を出し切ってffを弾いて下さい。

【キャンディード序曲】
・だいぶ良い感じになって来ました。しかし、今日のように普段と響きが違う場所で練習すると、
 縦が合わないなど、弱い所が出てしまいます。周りの音を聴き、周りに合わせるようにして下さい。

【スペイン奇想曲】
・「小節の頭にアクセントを付け、後の音は軽くする感じ」がだいぶ出て来ました。
  ただ、油断すると全部の音にアクセントがある重たい演奏になってしまうので、注意して下さい。
  今後は全体を通しながら、曲の雰囲気を作って行きます。

◆ワクワクオーケストラ入門
☆復活!傑作ビオラジョーク集 第21弾

♪エイドリアン・ボールト卿は、作曲家H氏の現代曲を含むプログラムのリハーサルをしていた。
リハーサルの途中で作曲家H氏が会場に現われ、客席に座ってしばらく聴いていたが、
しだいにイライラした様子を見せはじめ、しまいに立ち上がってこう言った。
「エイドリアン卿、お願いだから、もう少しテンポを速くしていただけませんか?」
エイドリアン・ボールト卿はそれに答え、「ああHさん、もちろんお望みであれば速く演奏しましょう。
しかしお分かりでしょうが、あなたの曲はこの曲の次に練習することになっている」
(クラリネット・佐藤 拓)

◆次回は10月18日です。
練習場所は北本市勤労福祉センターです。
初めての場所で少しわかりずらい所にあります。
事前に確認し余裕を持ってきてくださいね♪

午前中、弦分奏です。今回は一般だけでなくビギナーを
含めたマーラーの「アダージェット」のみに集中して
弦分奏をやります。みんな参加してね♪

«  | ホーム |  »

プロフィール

鴻巣フィルハーモニー管弦楽団

Author:鴻巣フィルハーモニー管弦楽団
鴻巣フィルのオフィシャルブログへようこそ!感動あり、笑いあり、涙ありの日々の活動の記録を綴ります。お楽しみに!
★弦楽器全般、Fg、Trb(I・II奏者)募集中

FC2カウンター

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
練習 (389)
本番 (36)
その他 (25)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR