2011-05

2011年5月29日 いよいよ本番モード...に水を差す、まさかの雨漏り

◆5月29日(日) 第6回ファミリーコンサート ☆第13回練習☆
 
☆今回は川里農業研修センターでの練習です☆

午前中、田澤先生によるチェロ分奏がありました。
今回はチェロの田澤先生がトレーナーで来てくださる事から、チェロパートがお願いして、
午前中に分奏をやっていただく事になりました。
1時間30分という時間で「弾き方」や「練習ポイント」などたっぷりと教えていただきました。
20110529-01.jpg 20110529-02.jpg
20110529-03.jpg

午後は合奏練習です。
本番まであと少し。練習にも気合が入ります。
20110529-04.jpg

田澤先生にも練習に参加していただき、いろいろアドバイスをして頂きました。☆
20110529-05.jpg
  
木管・金管大活躍。バレエは、かわいらしいメロディーがいっぱいです。
20110529-06.jpg 20110529-07.jpg
20110529-08.jpg

あれれ?コントラバスの場所に雨漏りが・・・・。外は大雨です。
20110529-09.jpg 20110529-10.jpg
 
とうとうコントラバス・・・。後ろに撤退(?)なんだかウィーンフィルみたい・・・・。
20110529-11.jpg 20110529-12.jpg
 
ヴァイオリンも細かいフレーズがいっぱいで、ちょっぴり四苦八苦・・・。(あたふた。。。。)
20110529-13.jpg 20110529-14.jpg

コンマス中心にビオラ・チェロのトップが集まってボーイングの確認です。
20110529-15.jpg
  
田澤先生もヴァイオリンパートに弾き方やポイントをわかりやすく伝授。
田澤先生、ありがとうございました♪
20110529-16.jpg 20110529-17.jpg
20110529-18.jpg

とうとう本番まであと2週間・・・・。
がんばりましょう!

◆練習ポイントコーナー
☆このコーナーでは、自宅での予習・復習、
また練習に参加できなかった方のために、今回の練習のポイントをまとめてみました。
ぜひ、練習の参考にして下さい。

(No.1 プロローグ/序奏)
 ・28からの弦、聴きあって縦を揃えて。木管は歌うけれど、きちんと弦の刻みに乗って。
  リラの主題は優雅に慌てずに

(No.3 プロローグ/おどりの情景)
 ・56からpiu f、管も弦も音の立ち上がりを明確に
 ・100~101のVa、上向音形はcrescがかかったように聴こえないように
  (pからppへ行く場面)

(No.5~10 プロローグ/バリエーション)
 ・6人の妖精の個性の違いを思い出して。曲ごとの弾き方、吹き方の違いをはっきりと

(No.12 プロローグ/フィナーレ)
 ・17からの弦(特にVn)は、音量大き過ぎ。あくまでmfで
 ・33から全員でff。カラボスが登場する場面です、急に音楽をおどろおどろしく。
  もっともっとおどろおどろしく
 ・270からのリラの主題は、プロローグと同様に優雅に慌てずに

(No.14 第1幕/村人たちの踊り)
 ・メロディーの付点四部をもっと長く感じで

(No.19 第1幕/コーダ)
 ・395からTp、少し大きめに。合奏の中での違和感を出して

(No.40 第2幕/グランポロネーズ)
 ・「ポロネーズ」なのでリズムをしっかりと感じて。特に1拍目にしっかりと重心を感じて

(No.54 第2幕/ベリー人の踊り)
 ・3~10の管楽器、4分音符の吹き方を揃えて

(No.55 第2幕/グラン・パ・ド・ドゥ・クラシック)
 ・冒頭の弦の16分、慌てないで。落ち着いて、たっぷりと。

◆次回も川里農業研修センターです。
午前中スタッフ会議があります。参加してね~。
スポンサーサイト

2011年5月22日 バレエの演奏は体力も重要! 全曲通しの練習も大切です。

◆5月22日(日) 第6回ファミリーコンサート ☆第12回練習☆
 
☆今回は吹上公民館での練習です☆

午前中に管分奏がありました。(下記のわくわく練習ポイントを参考にね☆)
午後からは合奏練習です。

おぅ!始る前から熱心に音出ししてます。
20110522-01.jpg

まずはチューニング。ファミコンまであとわずか。中身の濃い練習が続きます。
20110522-02.jpg
 
バレエは曲数が多くて大変! やっと音を出す前に、次の曲がどんな曲なのか分かってきました♪
20110522-03.jpg 20110522-04.jpg
 
木管の可愛らしいメロディーが奏でられます。なんだか情景が浮かんでくるような演奏です。
20110522-05.jpg 20110522-06.jpg
 
エキストラの方も、手伝いに来て頂きました。ますます音が充実してきます。
20110522-07.jpg 20110522-08.jpg
 
一生懸命吹いた後は・・・・リラックス。
20110522-09.jpg 20110522-10.jpg
 
こちらも思いっきり美しいメロディーを奏でた後は・・・・リラックス。
20110522-11.jpg 20110522-12.jpg

ちょっぴり蒸し暑い会場でしたが、みんなの気持ちも本番に向かってムンムン情熱的な練習でした。
20110522-13.jpg

質問・疑問があったら今のうちに解決しましょうね。 細かく気をつける事がいっぱいです。 本番に向かって頑張って練習しましょうね。

◆練習ポイントコーナー
☆このコーナーでは、自宅での予習・復習、
また練習に参加できなかった方のために、今回の練習のポイントをまとめてみました。
ぜひ、練習の参考にして下さい。

(管分奏報告)
 ・ポイントとなる箇所の音程の確認をしました。気を付けて頂きたい内容を再度記述します。
  -自分の吹いている音が、和音の何の音かキチンと把握して下さい。(根音、3音、5音)
  -Durの3音は低め、mollの3音は高め
  -音量バランス、根音>5音>3音
  -吹き方の統一、特にアタックが不明確なのではっきりと

◆練習ポイントコーナー
(No.1 プロローグ/序奏)
 ・4と8の金管は、2分音符の音をしっかりと(アタックをはっきり、音をおさない、つぶさない、破裂させない)
 ・28からのVnⅡは、トップの合わせて弾く
 ・65のHrは早くdim

(No.6 プロローグ/三色昼顔の精)
 ・VnとVaのリズムが甘くなります、常にリズミカルに

(No.8 プロローグ/カナリアの精)
 ・pizzは音量の変化でテンポが変わらないで

(No.12 プロローグ/フィナーレ)
 ・124からの弦の8分揃えて、特にVa移弦でのボーイング遅れない

(No.16 第1幕/バラのアダージョ)
 ・冒頭の管楽器は長いcrescです。決して途中で音が弱くならないように音量を計算して

(No.20 第1幕/Finale)
 ・管と打楽器は音量を大きく、特にsus symbalはバチで固く大きな短い音。

◆次回29日は川里農業研修センターです。
田澤先生がいらっしゃいます。 本番まであとわずかです。
わからない事があったら、ぜひ先生に聞いてみましょう♪

2011年5月15日 今日は初のバレエ合わせ♪ いよいよ本番が楽しみです

◆5月15日(日)第6回ファミリーコンサート ☆第11回練習☆
 
☆今回は吹上公民館での練習です☆

今回は初のバレエ合わせ。午後の練習にはバレリーナ達がやってきます♪
なので午前中からオーケストラだけでポイント練習。

バレエが踊りやすいようにセッティング。準備万端です。
20110515-01.jpg

ステマネより、タイムスケジュールが配られます。いよいよ本番間近な雰囲気。
20110515-02.jpg 20110515-03.jpg
20110515-04.jpg
 
今回はハープやピアノのエキストラさんも参加で本格的になってきました。
20110515-05.jpg 20110515-06.jpg

練習にも力が入ります。
20110515-07.jpg

休憩時間。なんか2ndトップ。モテモテ? いえいえ、ただの質問攻めです。
20110515-08.jpg
  
休み時間、音の調整したり、さらったり、くつろいだり・・イェ~イ!いよいよ午後はバレエ合わせ。
20110515-09.jpg 20110515-10.jpg
20110515-11.jpg
  
午後・根岸バレエ団のバレリーナ達が集合♪ まずはご挨拶☆「よろしくお願いいたします」
20110515-12.jpg 20110515-13.jpg
20110515-14.jpg
 
音楽に合わせて踊ります。みんな可愛らしくてとっても素敵♪
20110515-15.jpg 20110515-16.jpg

どうしてもみんな、バレリーナが気になっちゃう・・・・。
20110515-17.jpg
  
音楽と踊りの感じがわかると弾いていても楽しくなってきます♪
20110515-18.jpg 20110515-19.jpg
20110515-20.jpg
 
本番は素敵な衣装やメイクアップもするので、とっても楽しみです♪
20110515-21.jpg 20110515-22.jpg

本番まで1ヶ月を切りました。あとわずかな期間ですが、
今日のバレエを思い起こし、頑張って練習しましょうね♪
バレエ団の方々、ありがとうございました。

◆練習ポイントコーナー
☆このコーナーでは、自宅での予習・復習、
また練習に参加できなかった方のために、今回の練習のポイントをまとめてみました。
ぜひ、練習の参考にして下さい。

(No.1 プロローグ/序奏)
 ・6/8Andantinoからのリラの精(木管)遅れないように
 ・64小節目は金管キチンときれいな音を残して

(No.2 プロローグ/おどりの情景)
 ・Vnのヘミオラの音型を強調して、また、Harpを聴いてリズムに乗って

(No.16 第1幕/バラのアダージョ)
 ・68からテンポをゆっくりとさせます。特に金管はシンドイですが先に行かないように気を付けて

(No.35 第2幕/パノラマ)
 ・フルートはコンマスを見て縦を揃えて

(No.62 第3幕/アポテオーズ)
 ・重ためのテンポで行きます。テンポキープをお願いします。

(ファランドール)
 ・冒頭のffをしっかりと。

◆次回(22日)は吹上公民館です。
午前中、管分奏です。本番が近いのでぜひ参加してね。
かわいらしいバレリーナ達と共に素敵な音楽を演奏しましょう♪

2011年5月8日 今日は指揮者 三河先生の初指導♪ 濃密な練習でした。

◆5月8日(日)第6回ファミリーコンサート ☆第10回練習☆
 
☆今回は川里農業研修センターでの練習です☆

今回は指揮者の三河正典先生に来て頂き、ご指導して頂きました♪
まずはご挨拶。プロ指揮者の指揮は初めて・・・・。
20110508-01.jpg

団員のみんなも、ちょっぴり緊張。どんなレッスンになるのかな?
20110508-02.jpg

まずは我がオーケストラの中村さんに指揮をして頂き、先生に見て頂きます。
20110508-03.jpg
   
いつもどおりに弾いてるつもりが、ちょっぴり力が入ってしまいます。
20110508-04.jpg 20110508-05.jpg
20110508-06.jpg
 
この後、三河先生の登場。次から次へ、聞いていて気がついたポイントを的確に指示。
20110508-07.jpg 20110508-08.jpg
 
木管・金管の吹き方や音色、音程、ハーモニー、アンサンブル と次から次へとわかりやすく指導
20110508-09.jpg 20110508-10.jpg
 
先生の指導で、少しずつ音が変わってゆきます。
20110508-11.jpg 20110508-12.jpg
 
もちろん弦楽器も音の出し方、弓の使い方、発音の仕方などなど、とても濃厚なレッスン♪
20110508-13.jpg 20110508-14.jpg
 
中村さんもメモをいっぱい取りながら真剣にお勉強。団員も真剣そのものでした。
いつもと違う刺激があり、とても良い勉強になりました。先生、ありがとうございました。
20110508-15.jpg 20110508-16.jpg

☆先生からのメッセージです。☆
「一番気になったのは、各自が音をどう作るかという意識が足りないということです。
自分の音が全体の中でどう響いているかをとにかく意識すること。同様に回りの音が全体の中でどう響いているかを聴く。音を作るのに一番大切なことは音を出す前の準備だということ。
これらを意識すればかなり違ってくるでしょう。」

三河先生の今回のレッスンで大変貴重なアンサンブルの方法をいっぱい学びました。これらを参考にこれからも頑張りましょう!

◆練習ポイントコーナー
☆このコーナーでは、自宅での予習・復習、
また練習に参加できなかった方のために、今回の練習のポイントをまとめてみました。
ぜひ、練習の参考にして下さい。

(全体的に)
 ・弦楽器・・・ダウンボーの最後を歌う、そして、アップボーに返す時の音の出だしを明確に。
 ・管楽器・・・音を遠くに飛ばすイメージを持って。常にホールで響く音をイメージして音を出す。

(No.7 プロローグ/パンくずの精)
 ・pizzは大きめに、1つ1つ歌って。
 ・Trbのブレスと響かせ方を注意して。
 ・ObとFlのtrillの装飾は、解決する音ギリギリまで待って。

(No.9 プロローグ/ 激しさの精)
 ・冒頭はフルボーでも弓が滑らないように。滑ってしまうようであれば、弓を短く使う。
  あくまで音の頭にアクセントを付けて。
 ・伴奏は、1ト2トのように裏拍をキチンと感じで。また管楽器は、この裏拍でタンギングの準備をして。

(No.10 プロローグ/リラの精)
 ・入りのブレスを揃えて。

(No.11 プロローグ/全員のコーダ)
 ・70のTrb、音を響かせるためにアタックをしっかりと。

(No.12 プロローグ/フィナーレ)
 ・冒頭の弦、伴奏での歌って。
 ・17からのVa/Vc/Cbのきざみ、弓の同じ場所を使って。
 ・176からブレス、ボーイングともにスピードを持って。
 ・268の和音の響きを大切に。

(No.13 第1幕/編み物をする女たちの情景)
 ・冒頭の金管のタンギングは、短い音を吹く時のタンギングのように。
 ・木管のメロディー、10からの「ミソシド」の「ソ」は、高い音を体を使って取りに行くようなイメージで。
 ・49からのVaとVc、四分音符の後の三連譜(50小節目)の最初の音をはっきりと、
 まずはスラーを取って、それでタイミング通りに入れたらスラーを付けて。
 ・同じく49からのVnは、弓は飛ばす感じだが、飛ばし過ぎない(弓と弦の距離は短く)。

(No.14 第1幕/村人の大ワルツ)
 ・冒頭のffは、宮殿の扉を開けるようにしっかりと大きく。
 ・弓を返す前に歌う事を忘れずに。

(No.1 プロローグ/序奏)
 ・冒頭の弦、アップボーでも弓のテンションをしっかりとかけて。
 ・6/8からのVnⅡ、ppでも音に芯を入れて。
 ・6/8からの弦は、木管に合わせて。

◆次回(15日)は吹上公民館でバレエ合わせです。
かわいらしいバレーリーナ達の素敵な踊りに合わせながら、
「眠りの森の美女」を仕上げて行きましょう♪

2011年5月1日 本番まであと1ヶ月ほどです。チケット販売も開始しました!

◆5月1日(日)第6回ファミリーコンサート ☆第9回練習☆
 
☆今回は吹上公民館での練習です☆

午前中、スタッフミーティングがありました。
今回のファミリーコンサートはバレエとの共演なので舞台照明など進行がやや複雑・・・。
スタッフみんなで知恵を絞りいろいろ考えてみました。また、今後に予定している第9や定期演奏会に向けての練習スケジュールなどなど決める事がいっぱいでした。
一方、午前中からホールなど個人練習で使用可。自主的に少し早めにきてパート練習をしていました。
  
廊下の向こうで音が・・・近ずいてみるとクラリネットとビオラのパート練習。
指揮者の中村さんもしばし立ち止りアドバイス・・・・。
20110501-01.jpg 20110501-02.jpg
20110501-03.jpg

ビオラとのパート練習終了後のチェロの乙女たちです。
20110501-04.jpg

さて、いよいよ合奏練習。まずはスタッフ会議で決まったことなどご報告。
20110501-05.jpg
 
管楽器と打楽器。音の厚みが増します。
20110501-06.jpg 20110501-07.jpg
  
小さな子供達も一生懸命。弦楽器も難しい所が少しずつ弾けるようになってきてます。
20110501-08.jpg 20110501-09.jpg
20110501-10.jpg
 
ん?険しい表情。しっかり音を確認して迫力あるコントラバスの演奏。
20110501-11.jpg 20110501-12.jpg
 
弦楽器と木管楽器の掛け合いも揃ってきました。
20110501-13.jpg 20110501-14.jpg
  
ファーストバイオリンもセカンドバイオリンも仕上げにかかってます。
20110501-15.jpg 20110501-16.jpg
20110501-17.jpg

みんなで本番までラストスパートです!
20110501-18.jpg

夕方、ファミリーコンサートの選曲・企画について話し合われました。

☆おまけコーナー
4月29日、根岸バレエスクールの練習を見学しに行きました。
鴻巣フィルとの演奏とバレエの演出の確認です。 バレエの皆さん、とっても素敵に練習してました。
20110501-19.jpg 20110501-20.jpg
20110501-21.jpg

GW中にもう一度バレエとの進行・演出についての確認。
クレア大ホールの舞台係との打ち合わせ等、本番に向けての準備が着々と進んでいます。

◆練習ポイントコーナー
☆このコーナーでは、自宅での予習・復習、
また練習に参加できなかった方のために、今回の練習のポイントをまとめてみました。
ぜひ、練習の参考にして下さい。
(曲目数が多いため、注意して頂きたい曲のみ)

(No.1 プロローグ/序曲)
 ・28からはリラの精の主題、VnⅡのテンポがいつも重いので、もっと最初から軽やかなテンポで。

(No.3 プロローグ/おどりの情景)
 ・Vnの重音のバランスが悪い。下の音を大きく、上の音はそれに乗るように。
  また、ヘミオラ(3/4拍子で2拍ずつのリズム)を生かす為、ヘミオラの頭の音を少しアクセントを
  付けて、その後ほんの少し抜き気味に。
 ・71から木管がメロディーなので、Vnは小さめに。
 ・100からのVaは今日の通り。100から108は遅くしません。
  但し、音量はp→pp(3/4)なので大きくならないように注意して下さい。

(No.6 プロローグ/三色昼顔の精)
 ・VcとCbの2小節目の裏からの「ファファ/ソ」は、一音一音はっきりと。金管楽器にように。

(No.7 プロローグ/パンくずの精)
 ・Trb和音合わせて。(TrbⅠとTrbⅡは、TrbⅢの音程を良く聴いて)

(No.11 プロローグ/Coda)
 ・冒頭のVaとVc、やっと合いました。練習の成果ですね。素晴らしいです。

(No.12 プロローグ/Finale)
 ・冒頭のClとても良くなりました。素晴らしいです。出来れば、piu fをもっと強調して下さい。
  それと、Soloの最後はdimとritを付けて。オケはClに付いて行きます。
 ・96からの木管はもっと激しく。
 ・124からのVcとCbは、upとdownで音の出だしやその後の音の延ばし方が変わらないように。
 ・270の金管の入り、特に慎重に。

(No.16 第1幕/Adagio)
 ・冒頭の管楽器、音程を良く聴いて、他の楽器で同じ音程を吹いている楽器があれば、
  その音と合わせるよう努力して下さい。
 ・20からのVnとVa、つまらないよ。もっともっと美しく。
  入りの音はビブラートを付けてから入り、長い音符はcrescを付けてたっぷりと歌って。

(No.20 第1幕/Finale)
 ・401からのTpの4分三連は遅くしません。次のワルツのテンポそのものを示します。
 ・20からはオーロラ姫が倒れこむ場面。管も弦も強弱の違いを十分に付けて。

◆5月は本番1ヶ月前なので毎週練習です。
次回(8日)は川里農業研修センターにて指揮者三河先生がいらっしゃいます。
みんな参加してね☆

«  | ホーム |  »

プロフィール

鴻巣フィルハーモニー管弦楽団

Author:鴻巣フィルハーモニー管弦楽団
鴻巣フィルのオフィシャルブログへようこそ!感動あり、笑いあり、涙ありの日々の活動の記録を綴ります。お楽しみに!
★弦楽器全般、Fg、Trb(I・II奏者)募集中

FC2カウンター

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
練習 (388)
本番 (36)
その他 (25)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR