2011-09

2011年9月18日 ドボコンは代奏者による2回目のソロ合わせ♪ 少しは慣れてきたかな?

◆9月18日(日)第6回定期演奏会 ☆第8回練習☆

☆今回は吹上公民館での練習です☆
午前中は管分奏。合奏練習の前には、Vnビギナー分奏がありました。
 
前回から再開したビギナー分奏。もちろん一般団員も参加OK!楽しく練習しましょう♪
20110918-01.jpg 20110918-02.jpg
 
今日は1stVnがいっぱい☆ 2ndも何だか楽しそう♪
20110918-03.jpg 20110918-04.jpg
  
さっそく「イタリア」から練習です。細かい音符がいっぱい。だんだん弾けるようになってきました。
20110918-05.jpg 20110918-06.jpg
20110918-07.jpg
 
今日は古末さんが「ドボコン」の代弾きで参加してくださいました。ありがとうございました♪
20110918-08.jpg 20110918-09.jpg
  
「ドボコン」もチェロソロが入ると気分も盛り上がってきます。かっこいい曲ですね☆
20110918-10.jpg 20110918-11.jpg
20110918-12.jpg
  
「ブラームス」・・・なんだか1st、弾き方のご相談?楽しそうですね。決まりました?
20110918-13.jpg 20110918-14.jpg
20110918-15.jpg
 
木管楽器も「ブラームス」の素敵なメロディーを奏でてます。
20110918-16.jpg 20110918-17.jpg
 
金管楽器も重要です。いたるところに決めのメロディーが・・・。
20110918-18.jpg 20110918-19.jpg
 
練習後「語る会」が行われました。ざっくばらんにアイデア・ご意見が色々出てきました。
20110918-20.jpg 20110918-21.jpg

◆練習ポイントコーナー
☆このコーナーでは、自宅での予習・復習、
また練習に参加できなかった方のために、今回の練習のポイントをまとめてみました。
ぜひ、練習の参考にして下さい。

(イタリタ奇想曲)・・・Bから254までを練習しました
 ・冒頭のファンファーレ、そろそろ和音の感じをつかんで下さい。
 主音(トニカ)が何かを理解して、その音に他の音を合わせるように。
 ・Bからの木管フレーズ、6拍目からメロディーである事を理解して。(4~6拍目をつなげないで)
 それと、メロディー中の1拍目の4分音符をもっと歌って(「タ~タ/タタタ」の「タ~タ」)。
 ・180からの弦、1拍目と3拍目(アップボウ)時にアクセント
 ・Dからのメロディの歌い方・・・2小節目cresc、3小節目dim。4~5も同じ。6はpから始めてcresc。
 これはEからの木管も同じ
 ・215からのVnとVaはmpから入ってcresc

(ドボコン)
<Ⅱ楽章>
 ・ Va/Vc/Cbは22の音を慎重に、かつ、響きを作って(22は「ラ#ド♭ミソ」
 ・全員・・・39のffの和音「ソ♭シレ(ト短調の主和音)」、39のffの和音「シレファ(ロ短調の主和音)」の
  響きを忘れないで
 ・VnⅠ・・・57~58、59~60、83~84、85~86はanimato。少し前へ。
  但し、57~60はcrescに対し、83~86はcresc/dimの違いあり、注意。
 ・FからのVcとCb・・・arcoが強すぎなので、arcoはpizzの延長のように思って。
 ・FからのHrn・・・ブレスを揃えて

<Ⅲ楽章>
 ・冒頭のHr、Ob、Vnは、アクセントがある四分音符以外は全て弱く
 ・33からの木管はリズミカルに。スラブ舞曲を想い出して。
 ・Bの3~4の「タンタタ(8分16分)/タタタ(3連符)」のリズムの違いを強調。
 特に「タンタタ(8分16分)」の2つのタ(最初の16分)の入りが早いので3連符のように聴こえて
 しまっています
 ・421からの金管は全てテヌート、最後のfpは必要以上に大きくしないで。
 前の音から連続性を持って。

(ブラ1)
<Ⅲ楽章>・・・一通り練習しました
 ・4~5、9~10は内声(VnⅡ、Va、Cl、Fg)はcrescをたっぷりと。dimは5と10の1小節間で。
 ・33からの弦は、弦のアンサンブルを意識して(可能であればこの部分のスコアを見て下さい)。
  39はppp、41でppに戻して。
 ・Dに入ってテンポを意図的に遅くしません。Dの前に音楽は落ち付くので、若干テンポは落ちますが、
  そのままでDに入ります。木管の3連符は注意して。
 ・Dからの弦、8分の後の4分はテヌート気味に。
 ・2番カッコのHrとTpのfは吹き直して。

<Ⅳ楽章>・・・冒頭~までを練習しました
 ・最初のfpは、1拍目の裏ではすぐにpになっているように
 ・20~21のVaとVc・・・32分で慌てないで、しっかりとcrescして
 ・Bからのtrb・・・ppは気にしないで、たっぷりとした響きを(mpからmfのイメージで可)
 ・62心をこめて。低弦のpizzはVnに合わせて。
 ・Dからsfで弦の音が汚くなってしまいます。最初の音で弓を使い過ぎ。
  全ての音がsfだと思って、3つとも均等の弓で。
 ・114のHrⅢは音を押さないで
 ・130~131の弦の付点のリズムは、弾んで弾いて、但し、テンポを守って。
 ・156のVaの3連符・・・dimを付けて。この音形何ヶ所か出てくるので、同様に
 ・273から弦と木管の掛け合いを意識して
 ・279から16分が早くなってしまい、テンポが速くなり軽い音楽になってしまっているので、
 16分もしっかりと弾いて

◆次回10月2日は吹上公民館です。
午前中、スタッフ会議があります。みんな参加してね。
11時30分集合45分開始でVnビギナー分奏があります。
今回は橋本さん担当です。一般団員もぜひ参加してね。
会議室ではチェロビギナー分奏も開始です♪
スポンサーサイト

2011年9月4日 今日は時間をかけてチューニング! 時には初心に帰って練習しましょう♪

◆9月4日(日) 第6回定期演奏会 ☆第7回練習☆

☆今回は吹上公民館での練習です☆

午前中スタッフミーティングがありました。
 
第6回定期演奏会のタスクリストの進捗確認や楽器・楽譜の保管、団員募集についてなどなど
色々なことが話し合われました。
20110904-01.jpg 20110904-02.jpg
 
久しぶりの「ビギナー分奏・・・」というより、一般も参加してのVn分奏を行いました。
自由参加でオケの合奏が始まる前に、ポイントや苦手なところを抜粋して練習します。
20110904-03.jpg 20110904-04.jpg

午後からの合奏練習ですが、チューニングをしっかり合わせましょう。ということで、始まる前に
弦は各トップが、管楽器はセクションリーダーが中心になってきっちり(?)合わせました。
20110904-05.jpg
  
輪になって各パート・各個人でチューニングをします。
20110904-06.jpg 20110904-07.jpg
20110904-08.jpg
 
チューニングがしっかり出来たところで、合奏練習です。
20110904-09.jpg 20110904-10.jpg
 
「イタリア奇想曲」の速くて細かい音符を一生懸命練習します。
20110904-11.jpg 20110904-12.jpg

「ドボコン」「ブラームス」など迫力ある音がいっぱいで管楽器も頑張って練習します。
20110904-13.jpg 20110904-14.jpg
20110904-15.jpg
 
2ndヴァイオリンも最近メキメキ上達してます。低弦も負けずに重厚な音を奏でます。
20110904-16.jpg 20110904-17.jpg

次回は「ドボコン」代弾き有りです。
早くドボコンのチェロソロに慣れていきましょう。

◆練習ポイントコーナー
☆このコーナーでは、自宅での予習・復習、
また練習に参加できなかった方のために、今回の練習のポイントをまとめてみました。
ぜひ、練習の参考にして下さい。

(イタリタ奇想曲)・・・Bまでを練習しました
 ・冒頭のファンファーレ、12小節目の「ラ♮ドミ」の「♮ド」の音程に注意(mollの第3音なので高め)
 ★管の16~や弦の72~の16分3連、今日練習したようにほんの気持ち待って入るタイミングを
  お忘れなく
 ・19からの弦楽器、19はcresc、20の2拍目のslur切れない、32はdimでなくcrescして、
 十分にffまで持って行き、35のallargando
 ・44からのflは、Obのエコーのつもりで(極端に小さくする必要はないですが、Obと同じかそれ以下で)
 ・90~93の弦の8分は、その前の「タタタ/タ」の最後の「タ」と同じ弾き方で
 ・133~135のVnの16分に付いているcrescとdimを十分に表現して
 ・138と141のTrpとTrbの入り遅れない。遅れるとそこで音楽が止まってしまいます

(ドボコン)・・・前回の田澤先生との合わせ練習の録音から気になった部分を練習しました。
  お伝えした主な内容は以下の通りです。
<Ⅰ楽章>
 ・全体的なテンポ・・・田澤先生のメールにもありましたように、基本は2つ振りとして当面練習します
 ・Hrの17~18、2分音符は「がならない」で
 ・53でテンポが遅くなり過ぎ。dimなので当然テンポも落ちますが、明らかにritするのは56
 ・Cは全員1拍目のアクセントを出したら後は抜き気味に。その音形を4回繰り返して
 ・Eでテンポが落ちないで
 ・138の弦は、mpで入ってdim
 ・186~Hまでの音程練習をしました。二長調の属7(ラ#ドミソ)でしゅから、VnⅠの「#ド」は低めに
 ・Hの入りの練習をしました。今まで4分音符で入っていましたが、楽譜通りに8分音符になります。
  今日休んだ方はどんなようになったか確認しておいて下さい

<Ⅱ楽章>
 ・冒頭はト長調のトニカ。ObⅡ主音しっかりと
 ・106のフェルマータなし。107の1拍目にフェルマータを付けて

<Ⅲ楽章>
 ・5~16までのテーマ、3小節目のfzのみ強く、その後は全て弱く
 ・29~32のVcとCbの半音進行を強調して
 ・Bの3~4のリズム練習をしました。「8分+16分」と「3連符」の違い十分に。
  また「3連符」は均等の大きさで。cresc気味になり最後の音が強くならない
 ・505からは同じテンポで、507からaccel

(ブラ1)
<Ⅰ楽章>・・・提示部(冒頭~188まで)を練習しました
 ・CbのCの連打、音の立ち上がりをクリアに、かつ、テヌート
 ・冒頭のVnとVaの主題、長い音の最後、音が変わる前にcrescを付けるつもりで。
  長い音をDown bowで弾く時に、どうしても弓先で音が弱くなってしまうので、うまくボーイングを
  コントロールして
 ・9/8の後の6/8の入り、コンマスの弓に合わせて
 ・11からcrescとdimの繰り返し、dimが足りない
 ・25のffは飛び込まないで。ffの準備をしてから入る
 ・42からの第1主題・・・42~45はmf、46~49はf、50~がff、キチンと階段状に
 ・51~52の付点4部と4部のタイ・・・付点4部で弓を使い過ぎて、次の4分で弓が使えていない。
  2つともベッタリ弾くつもりで
 ・Cは3拍目を一番強く。テンポもころばらないで
 ・Dの2つ前からの管はcrescとdimを十分に表現して
 ・2番カッコはロ長調のトニカ、disの音程を低めに

<Ⅱ楽章>・・・冒頭~Aの途中までを
 ・冒頭はpでなくmpで、3~はpp。冒頭の響きがありません。今日冒頭の和音(ミソシ)練習をしました。
  響きを忘れずに
 ・AからのVnⅡとVaは、八分に少しアクセント・テヌート、16分はその音より強くしないで

◆次回9月18日は吹上公民館です。
午前中、管分奏があります。管のみです(打楽器はお休み)
練習終了後、「語る会」を1時間程行います。参加してね♪

«  | ホーム |  »

プロフィール

鴻巣フィルハーモニー管弦楽団

Author:鴻巣フィルハーモニー管弦楽団
鴻巣フィルのオフィシャルブログへようこそ!感動あり、笑いあり、涙ありの日々の活動の記録を綴ります。お楽しみに!
★弦楽器全般、Fg、Trb(I・II奏者)募集中

FC2カウンター

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
練習 (403)
本番 (37)
その他 (25)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR