2013-02

2013年2月17日 2度目の終日分奏。弦分奏では田澤先生にご指導いただきました♪

◆2月17日(日) 第8回定期演奏会 ☆第5回練習☆
 
☆今日は終日分奏。吹上公民館&川里農業研修センターです☆

☆午前中、吹上ではTrb、川里では1stVnとVcのパー練がありました。
 
第3会議室では、コンマス城さんを中心に1Stヴァイオリンのパート練習が行われました。
20130217-01.jpg 20130217-02.jpg

1stで難しい場所の指使いや練習方法を確認。悲愴の3楽章で時間いっぱいです。
20130217-03.jpg 20130217-04.jpg
 
第2会議室では有志によるチェロのパート練習が行われてました。
20130217-05.jpg 20130217-06.jpg

☆川里での午後からは弦楽器・木管楽器・金管楽器に分かれて分奏です。
(吹上公民館では打楽器分奏が行われてます。)
 
第2会議室で木管楽器の分奏です。副指揮者による進行で苦手な所も細かく練習。
20130217-07.jpg 20130217-08.jpg
  
しっかり合わせて何度も反復練習です。だんだんまとまってきました。
20130217-09.jpg 20130217-10.jpg
20130217-11.jpg
  
第3会議室では金管分奏です。Tpの徳重さんが進行。音程、リズムに音色など気をつけて練習します。
20130217-12.jpg 20130217-13.jpg
20130217-14.jpg
 
集会室では田澤先生による弦分奏です。気をつけなくてはいけないポイントを順番に練習していきます。
20130217-15.jpg 20130217-16.jpg
  
ビオラ?まずは立って弾いてます!先生の指示に従って音を奏でます。コツつかめたかな?
20130217-17.jpg 20130217-18.jpg
20130217-19.jpg
 
セカンドトップの大和田君。弾き方をみんなに見本で弾いてみせます・・・・ちょっと緊張(><)
20130217-20.jpg 20130217-21.jpg
  
コントラバスにもしっかり指示。ヴァイオリンにも丁寧に指導していきます。みんな熱心に練習。
20130217-22.jpg 20130217-23.jpg
20130217-24.jpg

熱く楽しい弦分奏でした。
20130217-25.jpg

田澤先生、お忙しい中ありがとうございました。
次回の合奏がとっても楽しみです。
今日の練習ポイントを忘れずにしっかり練習しましょうね。

◆次回3月3日は午前中スタッフ会議があります。
午後の合奏では田澤先生が指導してくださいます。
みんな参加してね~!
スポンサーサイト

2013年2月3日 未完成も悲愴も、やっぱり手強い!今日は第9回定演メイン曲も決定です

◆2月3日(日) 第8回定期演奏会 ☆第4回練習☆
 
☆今回は吹上公民館です☆

☆午前中スタッフミーティングがありました。
  
午前中スタッフ会議がありました。今後の定期演奏会やファミリーコンサート、その他色々話し合われました。
20130203-01.jpg 20130203-02.jpg
20130203-03.jpg
 
今回は第9回定期演奏会メインの曲決めです。候補曲のサビの部分など直接聞いてみんなで選びます。
20130203-04.jpg 20130203-05.jpg
  
シューベルト「グレード」(11票)・シベリウス「交響曲第2番」(23票)・チャイコフスキー「交響曲第4番」(15票)
よって23票のシベリウスの交響曲第2番に決定いたしました。
20130203-06.jpg 20130203-07.jpg 20130203-08.jpg
  
1ヶ月ぶりの合奏練習。弦楽器も気合が入ります。
20130203-09.jpg 20130203-10.jpg
20130203-11.jpg
 
コントラバスも若手が入り、活気があふれてきました。
20130203-12.jpg 20130203-13.jpg
  
吹上では打楽器も大活躍。打楽器が入ると曲も迫力が増します。木管楽器もだいぶ揃ってきました。
20130203-14.jpg 20130203-15.jpg
20130203-16.jpg
 
金管が奏でるメロディーで一層「悲愴」も重々しく重厚な曲に変わります。
20130203-17.jpg 20130203-18.jpg

前回の分奏の成果は出ているかな?
今回の練習は未完成の2楽章と悲愴の3楽章・4楽章でした。
リズムなどとても盛り上がる曲なので、いつもよりよけい熱く感じられます。


◆練習ポイントコーナー
☆このコーナーでは、自宅での予習・復習、
また練習に参加できなかった方のために、今回の練習のポイントをまとめてみました。
ぜひ、練習の参考にして下さい。

(未完成/Ⅱ楽章)
 ・VbとCbのPizzは、ppでも明確な発音で
 ・6小節目、弦楽器のaccentは、ビブラートアクセントのようなニュアンスで
 ・Aからの弦、早い弓で全弓で弾くつもりで、生き生きとして表情で
 ・Aからの管楽器2小節単位のcresc/dimがあるつもりで(歌う表現)、かつブレスは常に指揮棒が下がるときに   (2小節目と3小節目でブレスを取る場合は、必ず3小節目の1拍目で指揮棒が下がるときにブレス。   2小節目の3拍目が短いと音楽がそこで止まってしまうため)

 ・60からのVnⅠは、各自がテンポをカウントして音が変わるタイミングを揃えて
 ・64からのシンコペーションは、一音一音を「タウタウタウ」のように母音を付けて
 ・Bからの低弦、厚い音で(デモーニッシュに)
(悲愴/Ⅲ楽章)
 ・この楽章全体的なお願いは、音量差を意識してコントロールして下さい。ff/f/mf/mp/p/pが並んで出て来た   前の音との音量をコントロールして下さい
場合、
 ・4小節目、弦・管ともにdimのように
 ・Aの2小節目から提示されるマーチの主題、とてもリズミカルに。特に2拍目の付点のリズムを強調   (3連符との対比を明確に付けるようにしたい)
 ・97からの弦、2分音符はtenutoで
 ・212から管楽器(特に金管)、当面の間は音が汚くても良いので大きな音を!   (音の立ち上がりや金管としての存在感のある音を目指します)
(悲愴/Ⅳ楽章)
 ・冒頭の第1主題は、Upから始めることにしましたので注意して下さい
 ・5小節目のpなど、小さな音量の場所でテンポが落ちないように
 ・37小節目からの3連符、タイで音量が大きくならないように(曲の最後のCbも同じ)

◆次回2月17日は分奏です。
吹上公民館(打楽器)と川里農業研修センター(管楽器・弦楽器)と2箇所に分かれて練習します。
打楽器以外は川里なので、会場間違えないようにね♪

«  | ホーム |  »

プロフィール

鴻巣フィルハーモニー管弦楽団

Author:鴻巣フィルハーモニー管弦楽団
鴻巣フィルのオフィシャルブログへようこそ!感動あり、笑いあり、涙ありの日々の活動の記録を綴ります。お楽しみに!
★弦楽器全般、Fg、Trb(I・II奏者)募集中

FC2カウンター

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
練習 (412)
本番 (37)
その他 (25)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR