2013-07

2013年7月21日 今日は弦・管楽器別々に分かれての終日分奏です♪ 

◆7月21日(日) 第8回ファミリーコンサート ☆第4回練習☆
 
☆弦楽器は川里農業研修センター、管楽器は吹上公民館で分奏しました。☆

☆川里農業研修センターでは午前、1st・2nd・Vc分奏が行われました。
 第1会議室では1stヴァイオリン分奏が行われてます。出席率が良いです♪
20130721-01.jpg 20130721-02.jpg

第3会議室では2ndヴァイオリン分奏が行われてます。少人数ながらも熱心にさらってます。
20130721-03.jpg 20130721-04.jpg
 
第2会議室ではチェロ分奏が行われてます。なんだかとっても楽しそう☆
20130721-05.jpg 20130721-06.jpg

☆午後からは14時まで高弦・低弦に分かれて分奏です。
 低弦分奏はビオラの西山さんが指導。田園を中心に練習しました。
20130721-07.jpg 20130721-08.jpg
 
低弦を生かした素敵なメロディーや細かい伴奏と、合わせるところがいっぱいです。
20130721-09.jpg 20130721-10.jpg

☆15時からは弦分奏です。
 再びヴィオラの西山さんが指導。弦楽器で目立つところを中心に練習していきます。
20130721-11.jpg 20130721-12.jpg
 
サプライズで田澤先生がいらして下さいました。
20130721-13.jpg 20130721-14.jpg
 
田園のなかでもトリルが難しい。先生の丁寧なご指導が続きます。
20130721-15.jpg 20130721-16.jpg

弾き方や音色など分からない所はどんどん質問して、先生から色々アドバイスをいただきました。
田澤先生、お忙しい中ありがとうございました。
20130721-17.jpg 20130721-18.jpg

吹上公民館では管分奏が行われてました。(fl・絵里ちゃんリポート)
中村さんが指導で管楽器の分奏です。
20130721-19.jpg 20130721-20.jpg
20130721-21.jpg 20130721-22.jpg
20130721-23.jpg
  
次回の合奏が楽しみですね。

☆次回は吹上公民館で午前中スタッフミーティング。
午後は団員ミーティングがあります。みんな参加してねぇ~。
スポンサーサイト

2013年7月7日 譜読みはまだまだですが、今日から細かな曲作りです♪

◆7月7日(日) 第8回ファミリーコンサート ☆第3回練習☆
 
☆今回は川里農業研修センターです☆

☆午前中はスタッフ会議がありました。
 
今回は議題がいっぱい、予定時間を大幅に超えて議論し合いました。
20130707-01.jpg 20130707-02.jpg

別の会議室ではチェロ分奏や個人練習、数人集まっての練習など夫々で練習をしています。
20130707-03.jpg 20130707-04.jpg
20130707-05.jpg

午後は合奏練習です。今回から細かい部分の練習開始です。
練習前にスタッフ会議での報告と、来年の定期演奏会の曲目変更に関する決議がなされました。
20130707-06.jpg 20130707-07.jpg
20130707-08.jpg

いよいよ合奏練習。しっかり譜読みもできているようで、ダイナミックや音色の細かい部分の練習です。
20130707-09.jpg 20130707-10.jpg
20130707-11.jpg
  
3回目なのに少し曲っぽくなってます。他の楽器を聞きながら合わせる練習が少しずつできているようです。
20130707-12.jpg 20130707-13.jpg
 
これからが楽しい曲つくりです。しっかりさらいましょうね♪
20130707-14.jpg 20130707-15.jpg
 
◆練習ポイントコーナー
☆このコーナーでは、自宅での予習・復習、
また練習に参加できなかった方のために、今回の練習のポイントをまとめてみました。
ぜひ、練習の参考にして下さい。
(雷鳴と稲妻)
 ・生きいきとしたポルカの感じを出すためには、まずは伴奏がキビキビとした音で。
  伴奏のスピード感ある弓を強弱の違いをもっと大きく付けて下さい
(春)
 ・ⅠとⅢについて、短めのはっきりとした音で。「ター/ター」でなく「タッ/タッ」のような感じで
 ・特に付点四部などの長い音で、音を押したような形にはならないで
 ・ⅠのCから先弓で
 ・ⅠのDからは音量をたっぷりと
 ・ⅡのVnの伴奏は、「タータ/タータ/タータ」を1つずつ弓を返すようなイメージを持って一弓で
(1812)
 ・Dから所々に出てくる裏拍のアクセントを強調
 ・187から202までsempre f、203からdim
(田園/Ⅰ楽章)
 ・まずは、縦を合わせる事に注力して行きたいと思います。
 ・「タッタタ/タタ」とか「タタ/タータタ」について、右手を上手くコントロールして、
  16部の伴奏に乗るようにしましょう
 ・Iから3連音形、8分+16分にならないようにくれぐれも注意。そのためにも裏拍の入りを常に前に
(田園/Ⅱ楽章)
 ・伴奏がとても難しい楽章です。縦を合わせながら、かつ、冗長にならないように適度の動きを持って
  伴奏します
 ・縦を十分に気にして頂きたいのですが、常に前へ行くことも忘れないで下さい
 ・特に管楽器がシンコペーションを吹く場合は、音の立ち上がりが重く、遅れた感じにならないように
  注意して下さい

◆次回はパート分奏です。
弦楽器は川里農業研修センター。管楽器は吹上公民館です。
場所、お間違えないようにね。

«  | ホーム |  »

プロフィール

鴻巣フィルハーモニー管弦楽団

Author:鴻巣フィルハーモニー管弦楽団
鴻巣フィルのオフィシャルブログへようこそ!感動あり、笑いあり、涙ありの日々の活動の記録を綴ります。お楽しみに!
★弦楽器全般、Fg、Trb(I・II奏者)募集中

FC2カウンター

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
練習 (403)
本番 (37)
その他 (25)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR