2013-09

2013年9月29日 今日は最後の終日分奏。休憩も忘れてみっちり練習です!

9月29日(日) 第8回ファミリーコンサート ☆第9回練習☆

☆吹上公民館では管分奏・川里農業研修センターでは弦分奏です。

☆午前中、1stVn分奏がありました。
田園2楽章・装飾音の猛特訓です!きっちりみんなで揃えましょう♪
20130929-01.jpg 20130929-02.jpg
20130929-03.jpg

☆農業研修センターで弦分奏です
 
弦セクションリーダー西山さんの指導で練習!さらにサプライズで田澤先生がいらしてくださいました。
20130929-04.jpg 20130929-05.jpg
 
コンマス・2ndトップと先生は熱心にアドバイスしていきます。弾き方も実際に弾いて伝授。
20130929-06.jpg 20130929-07.jpg
 
コントラバスにも重厚な音の出し方、リズムの取り方などをアドバイス☆
20130929-08.jpg 20130929-09.jpg
  
今回は「1812」に絞って練習です。みんな楽しそう。心も息もピッタリ・・・・。
20130929-10.jpg 20130929-11.jpg
20130929-12.jpg
   
今回もたっぷり田澤先生のご指導でだんだん曲も出来上がってゆきます。
20130929-13.jpg 20130929-14.jpg

☆吹上公民館では管分奏です
 
本番に向け少しずつアンサンブルがまとまってきました。メロディーのアーティキュレーションを揃えることや、伴奏が音楽を作ることなどを練習しました。この調子で本番に向け、アンサンブルの精度を高めて行くように頑張りましょう!
20130929-15.jpg 20130929-16.jpg

田澤先生、お忙しい中ありがとうございました♪
今日教えて頂いた所をしっかり復習して、次回の合奏で成果を披露しましょう。

☆次回は午前中、笠原公民館で鴻響楽合同練習があります。
午後は吹上公民館で鴻巣フィルの合奏練習。
終了後スタッフ会議があります。みんな参加してね☆
スポンサーサイト

2013年9月15日 今日の練習でちょうど半分♪ 今後は仕上げの練習です!

◆9月15日(日) 第8回ファミリーコンサート ☆第8回練習☆

☆今回は吹上公民館で練習です。

☆午前中、一般弦分奏がありました。午後から合奏練習です。
 
今回もサプライズで田澤先生が指導に来ていただきました。
20130915-01.jpg 20130915-02.jpg

みんな張り切って練習に励みます。1812は冒頭チェロとビオラのアンサンブルなのでちょっと緊張(?)
20130915-03.jpg 20130915-04.jpg
 
打楽器のリズムもしっかり先生のアドバイスをいただいてます。
20130915-05.jpg 20130915-06.jpg
 
ホルンも沢山いると迫力ですね。低弦も負けずとしっかりダイナミックに弾いてます。
20130915-07.jpg 20130915-08.jpg
 
田澤先生からのアドバイスで音が変わります。田澤マジック・・・かな?
20130915-09.jpg 20130915-10.jpg
 
今日もたっぷりさらいました。お疲れ様でした@(^0^)@
20130915-11.jpg 20130915-12.jpg

田澤先生、お忙しい中ありがとうございました♪
今日教えて頂いた所をしっかり練習して、次回分奏で揃える練習をしましょう。

◆練習ポイントコーナー

☆このコーナーでは、自宅での予習・復習、
また練習に参加できなかった方のために、今回の練習のポイントをまとめてみました。
ぜひ、練習の参考にして下さい。

(雷鳴と稲妻)
 ・テンポは二部音符90位(四部音符180位)に大幅アップさせて頂きましたので、ご注意下さい。
 ・田澤先生から「1、2、1、2とカウントせず、4小節を1つの単位としてとらえるように」
  とのアドバイスを頂いました

(春)(1曲目)
 ・春の喜びを生きいきと表現したいので、メトロノームにならないように注意。
 ・fとpの切り替えはっきりと。
 ・2小節目や3小節目の3拍目の付点四分音符の弾き方を揃えましょう。
  決してtenutoで弾く必要はありません。
 ・Cからpで指板。大きくならないで。

(2曲目)
 ・テンポは55位にしました。あまりゆっくりだとソロが間延びしてしまうため。
 ・伴奏は、ともかく小さく、小さく!重たくならないで、常に先へ先へ!

(3曲目)
 ・冒頭にあるような「タータタ」のリズムが転ばないように。

(トトロ)
 ・5小節目の八分はアクセント。
 ・HからBell tone。音に頭を付けて、すぐに抜いて。

(1812)
 ・Bの2小節目からの低弦とブラスの動きは、ギコギコした感じならないで。
 ・Dの3小節前のVnⅠ、dimは下のcesになってから。
 ・Gからの管楽器の伴奏は小さく。メロディーアウフタクトをしっかりと。
 ・GとLの入りは、テンポをためずにそのまま入ります。

(田園/Ⅲ楽章)
 ・Ⅲ楽章のリピートはやることにしましたので、ご注意下さい。
 ・49までずーっとpp。我慢して。49からmolto cresc。
 ・2/4のテンポを相当速くしましたのでご注意下さい。ただし、205で3/4に戻った所は、
  最初と同じテンポなので、慌てたテンポにならないようにして下さい。

(田園/Ⅳ楽章)
 ・4つ振りでトライしてみます。ですから、若干今でよりテンポが落ちますが、
  八分音符が先に行かないように注意して下さい。
 ・管楽器、Fの5小節目は本気のff!

(田園/Ⅴ楽章)
 ・9小節目からのVnⅠはpp、清らかな感謝の気持ち(ずーっとppで)。次ぐVnⅡはcrescがあるので、
  ffへ向かって音楽を持って行って。
 ・51と54の2拍目のf、はっきりと。その後の54と55のffも同様に。
  また、54と55の管楽器、同じ音がtenutoになっていても、音が動いているようなつもりで。
 ・211からの弦はpで、小さく。あくまで管楽器がメロディー。

☆次回は川里農業研修センターで弦分奏。
吹上公民館で管分奏です。お間違えのないようにね♪

2013年9月1日 今日は終日、田澤先生から熱いご指導を頂きました♪

◆9月1日(日) 第8回ファミリーコンサート ☆第7回練習☆
 
☆今回は吹上公民館で練習です。☆

☆午前中、スタッフ会議がありました。
  
今回のファミコンの企画や楽器運搬・来年の定期&ファミリー・第9に関してと議論する事がいっぱいです。
20130901-01.jpg 20130901-02.jpg
20130901-03.jpg

午前中2ndVnの分奏がありました。みんな熱心にさらっています。
20130901-04.jpg 20130901-05.jpg
20130901-06.jpg
 
スタッフ会議での連絡事項も今回は沢山ありました。今日は田澤先生が御指導にいらしてくれました♪
20130901-07.jpg 20130901-08.jpg
 
細部にわたっての曲作り。なかなか揃えるのがむずかしい。
20130901-09.jpg 20130901-10.jpg
  
先生のアドバイスを聞きながら、色々な技法にチャレンジ。なんとなく弾けるようになった感じ・・・。
20130901-11.jpg 20130901-13.jpg
20130901-12.jpg
  
木管も金管もしっかり合わせていきます。音程もテンポもきっちり揃えるのは難しいです。
20130901-14.jpg 20130901-15.jpg
20130901-16.jpg  
まだまだやることがいっぱいで時間が足りません(><)各曲共にいつも時間オーバー・・・・。
20130901-17.jpg 20130901-18.jpg
20130901-19.jpg
 
1812は冒頭にチェロとビオラのアンサンブルがあります。迫力ある音が響きます。
20130901-20.jpg 20130901-21.jpg
 
先生にアドバイス頂いたポイントはしっかり練習しておきましょうね。
田澤先生、ありがとうございました♪
20130901-22.jpg

◆練習ポイントコーナー

☆このコーナーでは、自宅での予習・復習、
また練習に参加できなかった方のために、今回の練習のポイントをまとめてみました。
ぜひ、練習の参考にして下さい。

(雷鳴と稲妻)
 ・田澤先生から「テンポと強弱のメリハリ」との指摘を頂きました
 ・テンポは、今日が180~185位でしたので、このテンポを目指したいと思います。
 ・また強弱もテンポが早いと疎かになりやすので、特に注意して下さい。

(春)(1曲目)
 ・テンポは110位に変更します
 ・3拍目の付点四部がダウンになるようボーイングが変更になりました。
  VnとVaの皆さんボーイング変更にご注意下さい。
 ・田澤先生が言われておられた「マルトレ」について、インターネットに以下のサイトがありました
  ので、ご参照下さい
http://www.vlesn.com/howto_bow_martele.html

(2曲目)
 ・Vnの付点音形の伴奏は、付点のリズムを出す、但し、音量は小さく
 ・Vaは、しっかりと大きく弾く

(3曲目)
 ・11小節目の3拍目の「タータタ」の音形は、ボーイングの関係で3つ目の「タ」が大きくならない
  ように、ボーイングをコントロールして

(1812)
 ・冒頭のVcとVa素晴らしいです。田澤先生から1拍目を感じて、とのご注意がありました。
  また、10~13小節目の、8分音符4つのスラーが3回繰り返される部分(ヘミオラと言います)
  は、「4つの八分を3回」を表現して下さい
 ・23小節目からの弦と木管のやりとり、最後の音符の音の長さを正確に
 ・弦46と50小節目のmfはすぐに音量を落として
 ・72、四分音符2つの音の長さ、管は弦のダウン、ダウンに合わせて
 ・Dからのテーマはアウフタクトの音をはっきりと

(田園/Ⅰ楽章)
 ・15小節目のように強弱が急に変わる所は、音量の変化を曖昧にせず
 ・Aの2小節目から、アーティキュレーション(タラタ|タタラタ|・・・)をはっきりと
 ・67(第2主題)の入りは、飛び込まないで
 ・Cからの木管は十分に歌って
 ・Dから175までの長いcresc、163でObが入って転調するので、転調していることを
  改めて意識して、Obを出すようにして下さい
 ・247のVnの16分は指板で

(田園/Ⅱ楽章)
 ・前打音の扱いについては、Va西山さんがまとめて下さった資料を、再度確認しておいて下さい
 ・スラーにスタッカートがある音符(メゾスタッカート)は、テヌートにスタッカートがあるイメージで
 ・伴奏の8分、弓が止まらないように
 ・随所に出てくる1小節の中にcresc/dimがある場合、もっと膨らませて

◆次回は吹上公民館です。
午前中、一般弦分奏があります。みんな参加してねぇ~。

«  | ホーム |  »

プロフィール

鴻巣フィルハーモニー管弦楽団

Author:鴻巣フィルハーモニー管弦楽団
鴻巣フィルのオフィシャルブログへようこそ!感動あり、笑いあり、涙ありの日々の活動の記録を綴ります。お楽しみに!
★弦楽器全般、Fg、Trb(I・II奏者)募集中

FC2カウンター

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
練習 (397)
本番 (36)
その他 (25)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR