2014-02

2014年2月2日 今日は田澤先生にご指導頂きました!今年も宜しくお願いします♪

2月2日(日) 第9回定期演奏会 ☆第4回練習☆
 
☆今日は吹上公民館での練習です。☆

☆午前中にスタッフ会議がありました
運営作業分担・第九運営・合唱募集などいろいろな事を議論しました。
次・次回メイン候補曲を各パートリーダーも加わり、話し合われました。
メイン曲は3/2の臨時団員ミーティングで決めます

午後は合奏練習です。田澤先生がご指導にいらしてくださいました。
今年初の田澤先生のご指導です。第8回定期の曲を見ていただくのも初めて。ちょっぴりわくわくです。
20140202-01.jpg 20140202-02.jpg
 
弾き方やニュアンスを丁寧に実際に弾いて、わかりやすく教えてくださいました。
20140202-03.jpg 20140202-04.jpg
 
細かい所のリズムや音程を何度も合わせてみます。バラバラだったのがだんだん揃ってきました。
20140202-05.jpg 20140202-06.jpg
 
指揮者の中村さんもいろいろ先生に質問・・・・悩んでます・・・・固まってます・・・・。
20140202-07.jpg 20140202-08.jpg
 
「シベ2」は難しいので、つい楽譜にかぶりついてしまいます。なかなか合わせるのは難しいです。
20140202-09.jpg 20140202-10.jpg
  
それでも楽しくって、あっという間に時間がたってしまいました。
20140202-11.jpg 20140202-12.jpg
20140202-13.jpg

◆練習ポイントコーナー

☆このコーナーでは、自宅での予習・復習、
また練習に参加できなかった方のために、今回の練習のポイントをまとめてみました。
ぜひ、練習の参考にして下さい。

(魔笛)
 ・冒頭のffは力まずきれいな音で
 ・和音の16分は、「パン、パー」のイメージ(パンの「ン」の後に響きを残す)
 ・VnⅡの9と11のシンコペーションは前へ進んで
 ・Allegroからは最終的には軽い感じが出るとうれしいです
 ・Aの5は木管の和音の動きを強調
 ・52の4つの四部は均等に
 ・104から変ロ短調なので、表情を変えて

(クラコン Ⅱ楽章)
 ・ゆっくりしたテンポですが、どんどん音楽が重たくならないように注意
 ・8のfの下降形はcrescをつけるつもりで
 ・60は冒頭の主題が再現されますが、ppになることが多いので、ソリストの息遣いに合わせて

(クラコン Ⅲ楽章)
 ・61の2拍目の入り遅れないで
 ・84は特に遅れやすいので注意

(シベ2 Ⅲ楽章)
 ・管楽器の音の立ち上がりが全体的に重たいので、もっとシャープな音を
 ・Eや293のメロディーはcrescとともに前へ進んで、但し最後のtenutoと書いてある箇所でたっぷりと

(シベ2 Ⅳ楽章)
 ・練習番号の小節数を変更・・・「H」153から155、「I」165から167
 ・金管は、5からのTrpのような付点四部について、「タッタ、ター」でなく、
  「タンタ、ター」のイメージを持って下さい
  (付点4分をもう少し長めにして下さい)

☆次回は吹上公民館と川里農業研修センターに分かれて、
弦分奏・管分奏です。みんな参加してね♪
スポンサーサイト

«  | ホーム |  »

プロフィール

鴻巣フィルハーモニー管弦楽団

Author:鴻巣フィルハーモニー管弦楽団
鴻巣フィルのオフィシャルブログへようこそ!感動あり、笑いあり、涙ありの日々の活動の記録を綴ります。お楽しみに!
★弦楽器全般、Fg、Trb(I・II奏者)募集中

FC2カウンター

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
練習 (412)
本番 (37)
その他 (25)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR