2017-10

2008年5月18日 アンコールのドタバタ譜読み大会♪

◆5月18日(日)
第3回定期演奏会 ☆第12回練習☆
  
☆今回の練習は吹上公民館でした。

☆9時30分から管分奏がありました。
午前中の管分奏は、指揮者中村さんに代わり、
クラリネットの佐藤さんが指導してくれました。
佐藤さんからのポイントコーナーです。

とっても難しいことですが、金管楽器のミストーンを出来るだけ減らす強化習慣(週間?)をそろそろ。
高い音を、ムリに息のスピードを上げてプレスして吹くよりも、例えば舌を高く上げて
(口の中の天井にくっつくぐらい)口の中を狭くして吹く
(自動的に息のスピードは速くなる)など、いろいろ工夫してみてはいかがでしょうか?

明らかに吹けているのに、吹けてないように聞こえてしまう「もったいない」例が多数みられます。
積極的に歌うという前向きの姿勢が一番ですが、同時にリラックスして息をとり、
息を止めずに吹くこと(木管も同じです)、楽器に息がもっと入るような吹き方を工夫すること、
などに取り組んでみられると良いのでは?

音の頭を揃える、あるいは音符の長さを明快にするには、その前の音の止め方を揃えると上手くいきます
(例:ジャズのビッグバンドはこの奏法の典型)。少なくともセクションごとにこれが出来るといいのですが。

以上です。皆さん、ポイントを参考に練習してみてくださいね!

☆1時からは合奏の練習です。

なんだか楽しそう!
20080518-1.jpg

コンマスもどんな風に聞えるのかを聞いてみる。
今日は、アンコールの曲の音だしをしましたが、楽譜の手配が間に合わなくて
1つの楽譜をみんなで見ながらの音だしになりました。
でも、わきあいあい☆
20080518-2.jpg

20080518-3.jpg

20080518-4.jpg

20080518-5.jpg

本番まであと一ヶ月を切りました。
次回は午前中チラシ配りもあります。一生懸命宣伝して、少しでも多くの方に
聞きに来てもらいましょうね!

◆練習ポイントコーナー

☆このコーナーでは、自宅での予習・復習、
また練習に参加できなかった方のために、今回の練習のポイントを
まとめてみました。
ぜひ、練習の参考にして下さい。
♪は重要な点です。

【G線上のアリア】・・・一通り通しました

 ・他の声部を聞く事をもっと徹底して
  (例えば、1小節目の3拍目にVaが動く音を聞く、2小節目の1拍目の裏で
  VnⅠのメロディーの頂点があるなど、そしてそれらと一緒に自分のパートを弾く)
 ・VnⅠは、3小節目と4小節目の4拍目の音(「ミレラソ」「レドソファ」)を注意して
  (「ラソ」「ソファ」が大きくならない)
 ・VcとCb、25の3小節目から、ややもするとテンポは速くなりやすいので注意して

【大学祝典序曲】・・・一通り通しました
 ・全体的な注意ですが、5月から音楽作りに入っていますので、
  楽譜に書いていないテンポや強弱の変化が沢山出てきます。
  例えば、41小節はその前のコラール風のフレーズから一転して躍動感あるフレーズに変わり、
  テンポも戻しています。是非、そういう部分に注意して下さい。
 ・冒頭のテンポ(Allegro)、伴奏のみなさんは、もっと躍動感を持ったテンポ感を持って下さい。
 ・弦楽器は、marcatoはもっと音を短く弾くように練習して下さい(46、最後の2小節など)
 ・64からの管楽器、金管と木管で同質の響きを作るようにして下さい。
 ・88からの8分のテンポ感が速すぎ、もっとしっかりとしたテンポ感を持って。
 ・377と378はritしないで。

【古典交響曲】・・・Ⅲ楽章とⅣ楽章を一通り通しました
(Ⅲ楽章)
 ・43から減pp。先弓で。
(Ⅳ楽章)
 ・今日のテンポ感を忘れずに。縦の線を揃えて、ppは小さく。

【交響曲第2番】・・・Ⅲ楽章とⅣ楽章を一通り通しました
(Ⅲ楽章)
 ・弦33からleggiero。もっと小さく、軽く。アクセントだけ音を出す。
  但し、Aから走るような軽いテンポにはしないで。
(Ⅳ楽章)
 ・冒頭のpはsotto voce。大きくならないで。ただ、きちんとスラーを付けて。
 ・23の弦楽器は8分音符をひとつひとつしっかりと弾く(264も同じ)。
 ・VcとCb、189~201や375のような箇所は、低弦が音楽を作って行くようにして下さい。

◆ワクワクオーケストラ入門
☆傑作ビオラジョーク集 その3

デジタル録音だと途端にビオラが聞こえなくなるのは何故なんだろう?
「録音性能が良くなって、あらゆるノイズを消しちゃうからさ」

なぜビオラのことをドイツ語で「ブラッチェ」と言うの?
「ああ、ビオラに腰掛けちゃった時の音なのよ」

「助けて!」と沈んでいく船の上でチェリストが叫んだ。「僕は泳げないんだ」
それを聞いたビオラ奏者、「心配するな、真似だけすりゃあいいんだ」

ピアノのリサイタルを聴いたビオラ奏者が楽屋を訪ねていった。
「最後に弾いたあの曲、ほら、トリルで始まる……あれが一番良かったです」
ピアニストが「トリルで始まる曲なんて弾いてませんが?」と言うと、
ビオラ奏者はその曲(エリーゼの為に)の冒頭を口ずさんでみせた。
(クラリネット・佐藤 拓)

◆ワクワク広場

☆このコーナーは、団員参加の広場です。
ふるってご投稿してください!お待ちしております!
あて先は鴻巣フィルメールまで。
kounosu_phil@yahoo.co.jp

・まだまだ、楽譜係を追加募集しております。
 仕事の内容は、製本から、簡単な仕分け・判子押し・
 コピーなどです。
 ぜひ、お手伝いお願いいたします。
 (詳しくは城恵美子まで)

◆チラシ配り
・5月25日(日)10:00-11:30

チラシ配りについて、奮ってのご参加お待ちしております。

・鴻巣市役所駐車場集合

・少雨決行と致しますが、雨天の場合は、別途ご連絡致します。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kounosuphil.blog.fc2.com/tb.php/109-96682ac6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

鴻巣フィルハーモニー管弦楽団

Author:鴻巣フィルハーモニー管弦楽団
鴻巣フィルのオフィシャルブログへようこそ!感動あり、笑いあり、涙ありの日々の活動の記録を綴ります。お楽しみに!
★弦楽器全般、Fg、Trb(I・II奏者)募集中

FC2カウンター

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
練習 (409)
本番 (37)
その他 (25)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR