2017-07

2008年7月6日 大笑い!おもちゃ試奏大会♪

◆7月6日(日)第3回ファミリーコンサート ☆第2回練習☆

今日は川里農業研修センターでの練習です。

☆午前中はスタッフ会議が行われました。

三回定期演奏会(6/15)反省・団員ミーティング(7/20)提案内容の確認・
第三回ファミリーコンサート(12/14)について・・・などなど。
議題が多かったので12時15分位までかかってしまいました。
次回は団員ミーティング!大切なミーティングなので参加してね!

☆今回も譜読みです。どんな曲なのか
とりあえず弾いてみました。

まだまだ譜読みですが、なんとなく曲の感じが分かってきました。
今回はビギナーから一般へ移ってきたチャレンジャーが頑張ってました!
みんな熱心に練習しています。
20080706-1.jpg

20080706-2.jpg

弦楽合奏の「カノン」です。ヴァイオリンが3つに分かれます。
20080706-3.jpg

カノンはビオラがないのですが、ビオラバージョンの楽譜を入手。
とりあえず、1つの楽譜を皆で見ながら弾いてます。
ALLピチカットです。なんだかウクレレみたい。
20080706-4.jpg

黒川先生もご指導にいらしてくださいました。
20080706-5.jpg

おもちゃの行進曲では、木管楽器の方々が「おもちゃ」に挑戦!
「どうやって音出すの?」説明書を見ながら恐る恐る・・・・。
「楽譜・・・あるんだ。」「この水笛、うずらのなき声?」(うずらは巻き舌が出来る人しか吹けない)
必死に練習・・・・。「うずらが一番むずかしい(;>_<;)」 でもとっても楽しそう!
20080706-6.jpg

20080706-7.jpg

20080706-8.jpg

「うずら・・・・」から「フルート」へ
20080706-9.jpg

組曲の白鳥は管楽器がとっても楽しい音を出します。
はやくバレエ団と合わせてみたいですね。
20080706-10.jpg

◆練習ポイントコーナー

☆このコーナーでは、自宅での予習・復習、
また練習に参加できなかった方のために、今回の練習のポイントを
まとめてみました。
ぜひ、練習の参考にして下さい。
♪は重要な点です。

いよいよファミリーコンサートの練習が始りました。
前半は皆様よくご存知の名曲の数々を、そして後半は白鳥の湖です。
楽しいコンサートになるようにご一緒に楽しく練習を進めて行きましょう。

【天国と地獄】
 ・ソロが終わった後の入りは、ソロの最後の音の吹き方を息を合わせて入って(47、126)。
 ・204からを軽快にするために、後打ち(ンタンタ/ンタンタ)は軽く弾いて。

【カノン】
 ・強弱にとらわれず一つ一つの音をしっかりと弾く事を目指してみて下さい。

【おもちゃの交響曲】
 ・おもちゃ担当の皆様、入るタイミングを確認しておいて下さい。

【美しき青きドナウ】
 ・前回も申し上げましたが、もっとお一人お一人が曲を聞いて、各自の青きドナウを持って下さい。
  楽譜に書いていない事をたくさんしなければ、曲の味が出てきません。

【威風堂々】
 ・曲目通りに堂々たる曲です。テンポが走らないように注意して下さい。

【白鳥の湖】
1. Scene(情景)
 ・Obソロの伴奏の弦はpで。Obを聞いて下さい。
 ・52の1小節前は、molto rit。
2. Valse(ワルツ)
 ・「1/2/3」になっていて、「1/ト/ト」と言うワルツの感じが出てきません。
  お一人お一人がワルツを感じながら弾いて下さい。

3. Danse des Cygnes(白鳥達の踊り)
 ・テンポは今日くらいです。

4. Pas d'action(情景)
 ・ソロ(VnとVc)はブラボーです。
 ・木管の伴奏は、♯♭を落とさないように注意して下さい。

5. Czardas - Danse Hongroise(ハンガリーの踊り:チャルダッシュ)
 ・5からの前打音は、オンビートではなくビフォアビートで。

6. Danse Espagnole(スペインの踊り)
 ・テンポはそれ程早くしません。伴奏形の2拍目と3拍目の8分音符が走らないように注意して下さい。

7. Danse Napolitaine(ナポリの踊り)

8. Mazurka(マズルカ)
 ・177の4小節前の管楽器は、音の間を空けて。

9. Scene et Finale(情景)~29. Scene Finale(フィナーレの情景)
 ・「タ/タ/タ」と弾く2部3連が、「タ/タ~ンタ」にならないように注意して下さい。

◆ワクワクオーケストラ入門
☆傑作ビオラジョーク集 その8

♪・「あなたをどこかで見かけたような気がするのだが?」
と裁判長が被告人を見下ろして尋問した。
「はい、光栄にも」と被告人は期待を込めて答えた。
「昨年の冬、ご子息にバイオリンのレッスンをして差し上げました」
「あー、そうだ」と裁判長は思い出し、判決を告げた。
「無期懲役!」

♪・地方合唱団が年に一度開くメサイア公演のリハーサルに、一人のコントラバス奏者が遅刻して現われた。
彼はすぐに楽器と弓を取り出し、指揮者の方を向いた。
指揮者が「チューニングしたいですか?」と聞くと、コントラバス奏者は意外そうな顔をして聞いた。
「チューニング?去年と同じなんでしょ?」

ビオラジョークはビオラだけではありません。今度はあなたの楽器かも。
(クラリネット・佐藤 拓)

◆次回の練習は7月20日川里農業研修センターです。
団員ミーティングがあるのでぜひ参加してね!
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kounosuphil.blog.fc2.com/tb.php/116-fca5ba7b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

鴻巣フィルハーモニー管弦楽団

Author:鴻巣フィルハーモニー管弦楽団
鴻巣フィルのオフィシャルブログへようこそ!感動あり、笑いあり、涙ありの日々の活動の記録を綴ります。お楽しみに!
★弦楽器全般、Fg、Trb(I・II奏者)募集中

FC2カウンター

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
練習 (403)
本番 (37)
その他 (25)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR