2017-04

2009年2月1日 そろそろ細かく練習開始です♪

◆2月1日(日)第4回定期演奏会 ☆第4回練習☆
 
☆吹上公民館での練習でした☆

♪午前中、各パートリーダーとスタッフが集まり、第5回定期演奏会の
メイン候補の選曲が行われました。
各パートから集められた「演奏してみたい曲」のリクエストを集約して、
来年演奏する曲を話し合いで「候補3つ」まで選びました。
来年は第5回。ある意味節目の演奏会になるので、「全パートが参加できる曲」「記念になるような曲」を中心に話し合いが行われました。
色々な意見が飛び交って白熱した会議でした。
20090201-1.jpg

20090201-2.jpg

次回の練習時に「候補3つ」の内から団員ミーティングで確定します。
お楽しみにね♪
☆午後は通常通りの練習!

♪今日から少し細かく練習です。
20090201-3.jpg
  
♪みんな譜読みはできてるかな?
20090201-4.jpg

20090201-5.jpg

♪フルート・ホルン・・・素敵な音色でうっとり。
20090201-6.jpg

♪ビオラもかっこいいメロディーでみんな真剣!
20090201-7.jpg

♪迫力のセカンドヴァイオリンです。
20090201-8.jpg

♪次回は練習前に来年定期のメイン曲決めがあります。
参加してね~☆

◆練習ポイントコーナー

☆このコーナーでは、自宅での予習・復習、
また練習に参加できなかった方のために、今回の練習のポイントをまとめてみました。
ぜひ、練習の参考にして下さい。
♪は重要な点です。

【マイスタージンガー】・・・35小節目までを練習しました
・各パートとも、主題を奏でているのか、伴奏なのかを明確に理解して演奏して下さい。
例えば、冒頭はOb/Cl/VnⅠ・Ⅱが主題で、低弦とバストロをそれを支える通奏低音で、
 それ以外は明らかな伴奏です。伴奏時に音量を十分に注意して下さい。
・全体的にテンポの感じ方が軽すぎます。もっともっと力強いテンポで。
・12小節目のrinforz.はffで。
・弦、Aから十分に小さく。

【中央アジアの草原にて】・・・全体を練習しました。各自必ず小節番号を書き込んで下さい。
・冒頭のeの音程を揃えて(Vn/Fl/Ob)。
・28からの管楽器の長い音符は、必ずdim。
・Dから弦楽器(Vc以外)は伴奏なので、音量は抑えて。

【小組曲】
(1.小舟にて)
・VaとVc、冒頭の伴奏、Vcの下の音を聴いて響きを作って。また、5小節目はpp→ppp、
 8小節目でppp→pp、こう言う違いを大切に(これ以降も同様に音量の違いを大げさに)。
・2からもっとリズミカルに。アクセントは弾いた後に音を抜く。
(2.行列)
・冒頭は固めのpizz。
・木管、付点のリズムが甘くならないように注意して。
・9からの弦、アクセントは弾いた後に音を抜く。

【チャイ5】
(Ⅰ楽章)・・・K(展開部)までを練習しました
・冒頭の弦の伴奏は、暗い表現を出す為にゆっくりとしたボーイングで、音は長く(tenute)。
・Allegroからの伴奏は、短めの音で、縦を揃えて。
・Cから各自スコアを見て下さい。各パートへの音量差の指示がどうなっているか確認して下さい
 (f→mf→mp→p)。
  Trb入りが遅れないように。
・Dの「ターンタタ」の「ターン」をしっかりと。後で出て来る「タッタタ」との対比。
・108~Fまでの金管は音量を抑えて。
・Fの弦、「sfp」の「p」をしっかりと。
・Gからp→ppで悲しい感じを維持。150のpは開放感のあるように。
(Ⅱ楽章)・・・107までを練習しました
・冒頭はVaが旋律。但し、5小節目はVa、6小節目はVnⅡへ旋律を渡して。
・32のVnⅡは、早めのdim。
・Bの1小節前はキチンとdimを入れて。

◆ワクワクオーケストラ入門
☆音楽家への禁句・・・その2

音楽家に会ったときは、奥さんの話はしない方がよい。
その奥さんを知っている場合はなおさらである。
その時はもう奥さんでないかも知れないのだから。

「ところで奥様にはいつぞや随分お世話になりまして」
「えっ? あっ、そう……」
「たしか郷里が私と同じで……」
「あ、あぁ~……それ、前の奥さんね」

「今回は〇×市でコンサートやられるんですか?」
「〇×市?どうして?」
「毎夏にはたしか奥様のご実家で演奏会をおやりに……」
「あぁ、彼女とはもう別れました」

音楽界のオシドリ夫婦とされているカップルも危ない。
「もしもし、凸凹先生のお宅ですか?」
「いえ、△■です」
「あ、あの、すみません奥様でしたか!」

ナーバスになり過ぎてもいけない。
「家内がピアノを弾くもんだからね。彼女に伴奏を」
「あ、あの、奥様はたしか声楽家の……ひょっとして、今はもう?」
「ワハハハ、まだ一緒ですよ」

海外の演奏家も例外ではないのでご注意を!
(クラリネット・佐藤 拓)

◆次回の練習は2月15日吹上公民館です。
9:30~11:30から一般弦分奏があります。
みんな参加してね!
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kounosuphil.blog.fc2.com/tb.php/138-fa23c6d9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

鴻巣フィルハーモニー管弦楽団

Author:鴻巣フィルハーモニー管弦楽団
鴻巣フィルのオフィシャルブログへようこそ!感動あり、笑いあり、涙ありの日々の活動の記録を綴ります。お楽しみに!
★弦楽器全般、Fg、Trb(I・II奏者)募集中

FC2カウンター

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
練習 (393)
本番 (36)
その他 (25)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR