2017-08

2009年2月15日 第5回定演のメイン曲が決まりました♪

◆2月15日(日)第4回定期演奏会 ☆第5回練習☆

☆吹上公民館での練習でした☆

♪午前中、一般弦分奏がありました。
2ヶ月に1回の一般弦分奏です。全体練習ではなかなかできない細かい部分を何度も合わせました。
でも約2時間・・・あっという間。練習の成果はいかに?
20090215-01.jpg

20090215-02.jpg

20090215-03.jpg

20090215-04.jpg

♪団員みんなで来年定期演奏会で演奏する曲を決めました。
まずは候補曲、3曲を聞き比べです。
①ドボルザーク/交響曲第8番
②ブルックナー/交響曲第4番「ロマンティック」
③チャイコフスキー/交響曲第6番「悲愴」
20090215-05.jpg

1楽章から4楽章まで、さびの部分とか聞き入ってます。ん?寝てる?
20090215-06.jpg

20090215-07.jpg
 
いよいよ順番に投票です。挙手で決定・・・どの曲に決まるのかな?
20090215-08.jpg

20090215-09.jpg
 
♪ドボルザーク交響曲8番/34票
ブルックナー ロマンティック/6票
チャイコフスキー交響曲6番 悲愴/16票
来年は「ドボルザークの交響曲8番」に決定!楽しみですね☆

♪さて、合奏練習です。新しい団員も少しずつ増えてきました。
今年の定期も頑張りましょう!
20090215-10.jpg

◆練習ポイントコーナー

☆このコーナーでは、自宅での予習・復習、
また練習に参加できなかった方のために、今回の練習のポイントをまとめてみました。
ぜひ、練習の参考にして下さい。
♪は重要な点です。

【マイスタージンガー】・・・Eまでを練習しました
・Aに入る1拍前はdim。
・弦は、Aの最初の2小節(meno f)と次の2小節(piu p)の違いを付けて。
・37からのa tempoの入りはアクセント、この16分の音形は慌てずにしっかりと弾くように。
・Bのアウフタクトの「タンタタ/タ」の金管の音形は、音の立ち上がりを明確に(1拍目をしっかり)。
・CからDまで、今日指示したメロディーパートと、それ以外の伴奏パートの音量差を明確に。

【中央アジアの草原にて】・・・全体を練習しました。各自必ず小節番号を書き込んで下さい。
・クラは冒頭のメロディーの後半部のスラーは無視して、テヌートで。
・Cからトロンボーンはバランスを注意、ピラミッド型を意識して。
・Dからの弦は、それ程大きな音量でなく、きれいな音で(あまり早い弓にしない)

【小組曲】
(3.メヌエット)
・冒頭の木管の前内音+アクセントは、音をすぐ抜いて。16分は慌てずに、cresc+dim。
・弦、13の1小節目と7小節目はmpに書き換えて。
・Va/Vc/Cbは、15の5小節目はppを書き込んで。
(4.バレー)
・19の5~6小節目のcrescなし、7小節目からcrescを開始。
・21からすぐにTempo di Valseになるように。
【チャイ5】
(Ⅲ楽章)・・・一通り練習しました
・Vnのフレーズ、付点四分にテヌートを付けて(たっぷりと)
・Vaは、Aの1小節前の2拍目にアクセントを付けて(ヘミオラを明確に)
(Ⅳ楽章)・・・M(展開部)までを練習しました
・メロディーを奏でている時と、伴奏をしている時の音量を考えて
  (伴奏にもかかわらず大きい場合が多いです)
・金管は、Aのsf+dimと、Aの5小節目のsfpの違いをキチンとつけて(sfpは、すぐにpに)
・Cの3小節前から、全員テヌート。

◆ワクワクオーケストラ入門
☆ビオラジョーク復活第2弾

バイオリンとビオラの違いを述べよ。
「ビオラの方が長く燃えます」
「ビオラの方がビールがたくさん入ります」
「バイオリンは調弦できます」

ビオラの方がバイオリンより火持ちが良く、優れた楽器であることはみんなが知っている。
でもなぜビオラはそんなに長く燃えるのだろうか?
「いつもケースの中に入っているからじゃないでしょうか?」

ビオラパートにスピッカートを弾かせるにはどうしたらいい?
「全音符の上に〈solo〉って書いとくといいよ」

ビオラの悪口ばかり言ってるけど、いつ彼らが調子っぱずれで弾いたと君に分かるの?
「弓が動いているときに決まってるだろ」

ビオラさん今年もよろしくお願いします。(佐藤 拓/クラリネット)

◆次回の練習は3月1日吹上公民館です。
9:30~11:30からスタッフ&パートリーダーによる
第五回定期演奏会の前プロ/ピアコン/ビギナープロ候補曲
の選曲委員会があります。みんな参加してね!
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kounosuphil.blog.fc2.com/tb.php/139-e42d648b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

鴻巣フィルハーモニー管弦楽団

Author:鴻巣フィルハーモニー管弦楽団
鴻巣フィルのオフィシャルブログへようこそ!感動あり、笑いあり、涙ありの日々の活動の記録を綴ります。お楽しみに!
★弦楽器全般、Fg、Trb(I・II奏者)募集中

FC2カウンター

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
練習 (405)
本番 (37)
その他 (25)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR