2017-06

2010年3月21日 今日は分奏・合奏共に「皇帝」メインの練習となりました♪

◆3月21日(日)第5回定期演奏会 ☆第7回練習☆

☆今回も吹上公民館での練習でした☆

♪午前中、久しぶりの一般弦分奏が行われました。
☆今回の弦分奏は「皇帝」を中心に弦楽器の細かい部分を練習しました。

各パートの中でもなかなか縦の線が合いません・・・。
20100321-01.jpg 20100321-02.jpg

自分のパートだけでなく、他のパートの音も聴きながら合わせる練習をしました。
20100321-03.jpg
 
お昼を挟んで、ビギナー分奏です。子供達もいっぱい参加♪
20100321-04.jpg

20100321-05.jpg

「カレリア」のリズムや弾き方など、勉強しました。
20100321-06.jpg
 
いよいよ合奏練習です。今日はピアノの都合上、いつもと違うセッティングです。
20100321-07.jpg

20100321-08.jpg

音程に注意をして練習開始です。
20100321-09.jpg
 
注意点などみんな真剣に聞き入ってます。
20100321-10.jpg

20100321-11.jpg
 
木管もしっかり合わせる練習。音程やリズム・・・気をつける事がいっぱいです。
20100321-12.jpg

20100321-13.jpg

弦楽器も頑張ってます。分奏の効果は出ているのかな?
20100321-14.jpg
 
今回もピアノソロの代弾きで西端さんにお手伝いに来て頂きました。
「皇帝」全楽章を弾いて頂き、初めてのコンチェルト体験。とても充実致しました。
ありがとございました!
20100321-15.jpg

20100321-16.jpg

◆練習ポイントコーナー
☆このコーナーでは、自宅での予習・復習、
また練習に参加できなかった方のために、今回の練習のポイントをまとめてみました。
ぜひ、練習の参考にして下さい。

【カレリア組曲】
(Ⅲ. Alla marcia)
・冒頭のVnⅡの四分は、低弦の8部の刻みの乗って生きいきと。
・BからのTrbはff。その前のTrpがfなので、強弱の違いが出るように。
・Cからの木管、3小節目の8部4つはcresc(Fの5小節目からの弦も同じ)。

【ドボ8】
(Ⅲ楽章)
・伴奏は「強弱弱/強弱弱/・・・」。従って、Flの「休符/ソシソ/シレシ」は「シレシ」が弱く。
・メロディ「レソシ/レードシ/シレソ」の「レードシ」のスラーが消えないように注意。
 「レーッドシ」となっています。
・楽節ごとにある強弱を十分につけるようにして下さい。p+dimで音楽が消え、
 すぐにfで入るなど、さまざまな場面が描写されています。

(Ⅳ楽章)
・AからのVc、7小節目の3連符をたっぷりと。
・Bから慌てたようなボーイングにしないで。一つ一つの音をしっかりと。
・Dから伴奏はpp、Flを聴いて。
・Fは、ト長調からハ短調に場面が変わる重要な場所、音の頭を立てて、アクセントをしっかりと。
・SでPiu animato。Sに入った後でテンポは上げないで。

【皇帝】
★(最重要)譜面をめくるときに音をたてないように各自最新の注意をお願いします。
  ソリストに対してとても失礼です。
(Ⅰ楽章)
・冒頭のトニカ/サブドミナント/ドミナント、音程は合って来ていますが、音に緊張感がありません。
 緊張感のある堂々としたffの音を持続して。
・11からのVnⅡとVaは、fでも音を溶け合わして。
・「タ~ンタ/タ~」のリズムは、今日練習したように、①「タ~ンタ」の「ン」のタイミングは
 棒が下がる時、「タ~ンタ」の最初の「タ」にアクセント。
・全てのppは、もっと緊張感を持って。

(Ⅱ楽章)
・繊細なpの音の出だし、十分に注意をして。
 今日練習したように、弓を乗せすぎても「ギィッ」と言う音になるし、
 弓を準備していないと音の出だしが不安定になるので、自分で一番きれいに音が出るタイミングを
 見つけておいて下さい。

(Ⅲ楽章)
・主題「タ/タラタラ タラ/タララー」の「タラタラ」、両方の「タ」にアクセントを。
 強拍のズレを強調して。
・要所要所で「ジャンジャン/ジャン」と弾くような場所があります。
 こう言う場所は、コンマスの弓の速度に合わせて。
・Iから3小節はf、そして最後の4小節目からはff。最後は強奏で曲を終わるようにして下さい。

◆ワクワクオーケストラ入門
☆新コーナー 「オーケストラ基礎知識」第4弾

♪もうすでに「知ってるよ」と思われる事も記述いたしますが、改めて確認して下さいね。
 また、オーケストラ経験が初めての方も参考になりますので是非お読みください。
♪スコアをみよう
☆自分が参加する曲のスコアをなるべく用意してみる習慣をつけよう。
もちろん、スコアには全部の楽器の音符が書いてあり、調の違う部分もありますから、
きちんと読み込む事はとても難しい事です。
ですが、無意味だと思わず、購入してじっくり眺めてみましょう。
初めは自分のパートから、次に自分と同じ事をやっているパート、ソロを演奏しているパート・・・
という具合に、見ることのできる部分を徐々に増やしていくことがスコアに慣れるコツです。
CDを聴きながらなんとなく眺めることから始めても良いでしょう。
次第に「形」になって見えてくるようになるかもしれません。
そうすると、音楽の構造がよくわかるようになります。
オーケストラ全員が曲を理解し、その上で指揮者の要求を理解する事が出来れば、
きっと素晴らしいアンサンブルを体感する事が出来るはずです。
(今から始めて上手くなる 楽器とオーケストラ を参考にしました)

◆次回は4月4日、久しぶりの川里農業研修センターです。
お間違えないようにね♪
午前中、スタッフ会議があります。参加してね♪
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kounosuphil.blog.fc2.com/tb.php/183-2684d42a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

鴻巣フィルハーモニー管弦楽団

Author:鴻巣フィルハーモニー管弦楽団
鴻巣フィルのオフィシャルブログへようこそ!感動あり、笑いあり、涙ありの日々の活動の記録を綴ります。お楽しみに!
★弦楽器全般、Fg、Trb(I・II奏者)募集中

FC2カウンター

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
練習 (400)
本番 (37)
その他 (25)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR