2017-08

2006年5月14日 一通り演奏してみました♪

◆2006年5月14日(日)第23回練習☆

今日は全曲・全楽章の練習になりました☆

本番近いので練習にも熱が入ってきました。
全楽章を演奏するという事は、力の配分や集中力の練習にもなりますね。
色々気をつけるところも多くなってきました。
再度ポイントをチェックして、頑張ってさらいましょうね。

来週はもっと本番に近い状態での練習となります。
なかなか緊張しますよ。
繰り返しの練習も非常に大切ですが、間違えずに通しで練習するのも勉強になりますね☆
午前中からなので、スケジュール表を必ず見て、集合時間に遅れないようにお願いいたします。

◆練習ポイントコーナー

☆このコーナーでは、自宅での予習・復習、
また練習に参加できなかった方のために、今回の練習のポイントを
まとめてみました。
ぜひ、練習の参考にして下さい。
♪は重要な点です。

 【弦セレ】
 (Ⅰ楽章)
  ・冒頭の付点4分の3つの音は、アクセントを付けて、音がやせない。
  ・Aの2小節目の裏と、4小節目の裏の付点4分も、音がやせない。
  ・45からmp→f→ffで。
 (Ⅱ楽章)
  ・1楽章のffの弾き方を忘れて、優雅な音を。
 (Ⅲ楽章)
  ・コンマスのリードでアンサンブル。
 (Ⅳ楽章)
  ・Bから縦を揃えて(メロディが走り、きざみが遅れる)

 【運命】
 (全体的に)
  ・ベートーベンの音楽・・・「コントラスト」
   (強い/弱い、明るい/暗い、厳しさ/優しさ・・・)
 (Ⅰ楽章)
  ・冒頭の運命の主題は、ともかく気持ちを入れて!
  ・62小節目のHrはdim(第二主題につながるように)
  ・展開部(125)は、再度気持ちを入れなおしてff。
  ・195小節目からの管楽器の音符の長さを注意。
  ・265小節目のVnⅡとVaはテンポに注意。
  ・311小節目からの第二主題の伴奏(ObとFg)は、cresc/dimを入れて。
  ・483小節目はpp(特にVnⅡ)。
 (Ⅱ楽章)
  ・冒頭の「ミ~ラ/ド」の「ド」は、響きのあるスタッカートで。
  ・21小節目は、1拍目はf、2~3拍目はp。
  ・58小節目の付点4分、音がやせないように。
 (Ⅲ楽章)
  ・冒頭のVc/Cbは、ppで。
  ・全体的に拍節間がなくなり易いので、sfを意識して。
  ・141小節目からのVc/Cbはあせらないように。(特に4分音符)
 (Ⅳ楽章)
  ・64小節目からのfpは、音を早めに抜いて。

 【カルメン】
 (No1 Prelude)
  ・冒頭のVnとVaは、大きな音で、緊張感のある音で。
 (No1a Aragonaise)
  ・上ずったテンポにならないように。
    (2小節目と4小節目の八分が早くなる気配あり)
 (No2 Intermezzo)
  ・Aからの伴奏の音程揃えて(Es-DurのⅠ)
 (No3 Sequedille)
  ・小さい音量で!(大きすぎます)
 (No4 Les dragons d'Alcala)
  ・A以降で、入るタイミングを間違えないように。
 (No5.Les Toreadors)
  ・ffは気持ちを入れて大きく。

◆ワクワクオーケストラ入門 

今回はお休みいたします☆

次回の練習日は5月21日(日)です。
練習場所は吹上公民館です。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kounosuphil.blog.fc2.com/tb.php/24-f28c82fb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

鴻巣フィルハーモニー管弦楽団

Author:鴻巣フィルハーモニー管弦楽団
鴻巣フィルのオフィシャルブログへようこそ!感動あり、笑いあり、涙ありの日々の活動の記録を綴ります。お楽しみに!
★弦楽器全般、Fg、Trb(I・II奏者)募集中

FC2カウンター

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
練習 (405)
本番 (37)
その他 (25)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR