2017-08

2011年9月18日 ドボコンは代奏者による2回目のソロ合わせ♪ 少しは慣れてきたかな?

◆9月18日(日)第6回定期演奏会 ☆第8回練習☆

☆今回は吹上公民館での練習です☆
午前中は管分奏。合奏練習の前には、Vnビギナー分奏がありました。
 
前回から再開したビギナー分奏。もちろん一般団員も参加OK!楽しく練習しましょう♪
20110918-01.jpg 20110918-02.jpg
 
今日は1stVnがいっぱい☆ 2ndも何だか楽しそう♪
20110918-03.jpg 20110918-04.jpg
  
さっそく「イタリア」から練習です。細かい音符がいっぱい。だんだん弾けるようになってきました。
20110918-05.jpg 20110918-06.jpg
20110918-07.jpg
 
今日は古末さんが「ドボコン」の代弾きで参加してくださいました。ありがとうございました♪
20110918-08.jpg 20110918-09.jpg
  
「ドボコン」もチェロソロが入ると気分も盛り上がってきます。かっこいい曲ですね☆
20110918-10.jpg 20110918-11.jpg
20110918-12.jpg
  
「ブラームス」・・・なんだか1st、弾き方のご相談?楽しそうですね。決まりました?
20110918-13.jpg 20110918-14.jpg
20110918-15.jpg
 
木管楽器も「ブラームス」の素敵なメロディーを奏でてます。
20110918-16.jpg 20110918-17.jpg
 
金管楽器も重要です。いたるところに決めのメロディーが・・・。
20110918-18.jpg 20110918-19.jpg
 
練習後「語る会」が行われました。ざっくばらんにアイデア・ご意見が色々出てきました。
20110918-20.jpg 20110918-21.jpg

◆練習ポイントコーナー
☆このコーナーでは、自宅での予習・復習、
また練習に参加できなかった方のために、今回の練習のポイントをまとめてみました。
ぜひ、練習の参考にして下さい。

(イタリタ奇想曲)・・・Bから254までを練習しました
 ・冒頭のファンファーレ、そろそろ和音の感じをつかんで下さい。
 主音(トニカ)が何かを理解して、その音に他の音を合わせるように。
 ・Bからの木管フレーズ、6拍目からメロディーである事を理解して。(4~6拍目をつなげないで)
 それと、メロディー中の1拍目の4分音符をもっと歌って(「タ~タ/タタタ」の「タ~タ」)。
 ・180からの弦、1拍目と3拍目(アップボウ)時にアクセント
 ・Dからのメロディの歌い方・・・2小節目cresc、3小節目dim。4~5も同じ。6はpから始めてcresc。
 これはEからの木管も同じ
 ・215からのVnとVaはmpから入ってcresc

(ドボコン)
<Ⅱ楽章>
 ・ Va/Vc/Cbは22の音を慎重に、かつ、響きを作って(22は「ラ#ド♭ミソ」
 ・全員・・・39のffの和音「ソ♭シレ(ト短調の主和音)」、39のffの和音「シレファ(ロ短調の主和音)」の
  響きを忘れないで
 ・VnⅠ・・・57~58、59~60、83~84、85~86はanimato。少し前へ。
  但し、57~60はcrescに対し、83~86はcresc/dimの違いあり、注意。
 ・FからのVcとCb・・・arcoが強すぎなので、arcoはpizzの延長のように思って。
 ・FからのHrn・・・ブレスを揃えて

<Ⅲ楽章>
 ・冒頭のHr、Ob、Vnは、アクセントがある四分音符以外は全て弱く
 ・33からの木管はリズミカルに。スラブ舞曲を想い出して。
 ・Bの3~4の「タンタタ(8分16分)/タタタ(3連符)」のリズムの違いを強調。
 特に「タンタタ(8分16分)」の2つのタ(最初の16分)の入りが早いので3連符のように聴こえて
 しまっています
 ・421からの金管は全てテヌート、最後のfpは必要以上に大きくしないで。
 前の音から連続性を持って。

(ブラ1)
<Ⅲ楽章>・・・一通り練習しました
 ・4~5、9~10は内声(VnⅡ、Va、Cl、Fg)はcrescをたっぷりと。dimは5と10の1小節間で。
 ・33からの弦は、弦のアンサンブルを意識して(可能であればこの部分のスコアを見て下さい)。
  39はppp、41でppに戻して。
 ・Dに入ってテンポを意図的に遅くしません。Dの前に音楽は落ち付くので、若干テンポは落ちますが、
  そのままでDに入ります。木管の3連符は注意して。
 ・Dからの弦、8分の後の4分はテヌート気味に。
 ・2番カッコのHrとTpのfは吹き直して。

<Ⅳ楽章>・・・冒頭~までを練習しました
 ・最初のfpは、1拍目の裏ではすぐにpになっているように
 ・20~21のVaとVc・・・32分で慌てないで、しっかりとcrescして
 ・Bからのtrb・・・ppは気にしないで、たっぷりとした響きを(mpからmfのイメージで可)
 ・62心をこめて。低弦のpizzはVnに合わせて。
 ・Dからsfで弦の音が汚くなってしまいます。最初の音で弓を使い過ぎ。
  全ての音がsfだと思って、3つとも均等の弓で。
 ・114のHrⅢは音を押さないで
 ・130~131の弦の付点のリズムは、弾んで弾いて、但し、テンポを守って。
 ・156のVaの3連符・・・dimを付けて。この音形何ヶ所か出てくるので、同様に
 ・273から弦と木管の掛け合いを意識して
 ・279から16分が早くなってしまい、テンポが速くなり軽い音楽になってしまっているので、
 16分もしっかりと弾いて

◆次回10月2日は吹上公民館です。
午前中、スタッフ会議があります。みんな参加してね。
11時30分集合45分開始でVnビギナー分奏があります。
今回は橋本さん担当です。一般団員もぜひ参加してね。
会議室ではチェロビギナー分奏も開始です♪
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kounosuphil.blog.fc2.com/tb.php/246-98ec482e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

鴻巣フィルハーモニー管弦楽団

Author:鴻巣フィルハーモニー管弦楽団
鴻巣フィルのオフィシャルブログへようこそ!感動あり、笑いあり、涙ありの日々の活動の記録を綴ります。お楽しみに!
★弦楽器全般、Fg、Trb(I・II奏者)募集中

FC2カウンター

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
練習 (405)
本番 (37)
その他 (25)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR