2017-06

2011年10月16日 今日は朝から1日練習。午後はたっぷりブラームス♪ さすがに疲れた?

◆10月16日(日)第6回定期演奏会 ☆第10回練習☆

☆今回は川里農業研修センターでの練習です☆

午前中・田澤先生とのソロ合わせでした。
午前中は集会室が借りれず、会議室での練習となりました。先生がいらっしゃるまで各自音出しです。
20111016-01.jpg 20111016-02.jpg
20111016-03.jpg

先生が弾くチェロの音色は迫力があって圧倒されます! すごい!
20111016-04.jpg 20111016-05.jpg
 
チェロのソロとフルートの美しいアンサンブルです。みんな聞き入ってます。
20111016-06.jpg 20111016-07.jpg
 
ハイポジションも楽々! 難しい技術も先生にかかると自然で楽に聞こえます。
20111016-08.jpg 20111016-09.jpg
 
ある意味主役の木管楽器。アンサンブルもとっても大変です。
20111016-10.jpg
 
お昼をはさんでの練習なので、みんなでランチタイム☆ とっても楽しそう~
20111016-11.jpg 20111016-12.jpg

午後はいつもの集会室での練習です。イタリアとブラームス。気合入ってます。
20111016-13.jpg
 
少し暑い中、広い場所でのびのび音出しです。弦の音も響き渡ります。すごい迫力を感じますね。
20111016-14.jpg 20111016-15.jpg
 
ブラームスを始めると時間がたつのがあっという間です。
20111016-16.jpg 20111016-17.jpg

◆練習ポイントコーナー

☆このコーナーでは、自宅での予習・復習、
また練習に参加できなかった方のために、今回の練習のポイントをまとめてみました。
ぜひ、練習の参考にして下さい。

(イタリタ奇想曲)
 ・冒頭の管楽器のファンファーレ・・・そろそろ音程を卒業して、本番に向け「音の色」を追及して下さい。
  各音についてどんな色彩か各自イメージして下さい。
 ・16からの16分三連・・・休符に緊張感を持って
 ・20からのメロディー・・・探り合っている感じなので、前へ進む気持ちを持って
 ・44からのトレモロ・・・和音を意識して
 ・72と74の弦・・・mfとpの2つの音量の違いを付けて
 ・89~91の八分・・・同じ音形で
 ・129からのメロディー(VnⅠとⅡ)・・・遠慮しないでもっと歌って下さい。
  但し、最初の4小節と次の4小節は歌い方を変えて
 ・155からのメロディー(管)・・・もっとたっぷりと、弦に負けないように
 ・180の入り揃えて 

(ドボコン)
<Ⅰ楽章>
 ・快活なテンポの4つ振りにします。根底は2つである事を忘れないで下さい。
 ・17~18のHr・・・がなり立てるような感じにならないで
 ・172と173のHr・・・3連符が重くならないように
 ・Kの1小節前のVnⅡ・・・遅くならないで(4拍目だけほんの少し溜める感じです)
 ・Pから・・・Molto appassionatoですから、音楽はどんどん前へ進みます。テンポに注意して下さい

<Ⅱ楽章>
 ・Aからはテンポが動きます。ソロの動きを注意して聴いて下さい
 ・Bの1小節前・・・フェルマータはなしにして、ritとします
 ・39からのTempoⅠ・・・重すぎないように
 ・57は早く(83も同じ)・・・最初の八分を早めのテンポで弾くようにして下さい
 ・177からの管・・・入り遅れないで

<Ⅲ楽章>
 ・Eからオケが重いので、ソロを良く聴いて。特に177からのFlとOb、重たくならないで。
 ・Lの5と9の入り・・・全員気を付けて。trの解決あり、そのままのテンポで入らないで。
 ・505~506は早くしません。accelは507から。

(ブラ1)
<Ⅲ楽章>
 ・フレーズの最後(4~5、9~10など)のcresc/dimの表現を大きく
 ・Aから内声(VnⅡとVa)響きを作って
 ・33からの弦もアンサンブルするつもりで。特に37から1拍目(強拍/VaとVc)、
  2拍目(弱拍/Vn)を忘れないで。
 ・Dからの木管・・・くっきりとした音で入ってくるのでなく、なめらかな音で。
  2/4から6/8に変わります。八分音符や休符の音価は変わるので気を付けて
 ・109は変イ短調・・・厳しい感じで、溜めて入る

<Ⅳ楽章>
 ・20からのVaとVc・・・32分で早くしないで。Aはすぐにpに戻して。
 ・Cの入り音の隙間と作らないで。弦は表と裏に分かれてpizzしない人はCの頭まで音を弾いて
 ・164から3連符の後の4分は緊張感を持って。その先に進んでいくような感じで。
 ・279から2拍目裏と4拍目裏を軽くしないで
 ・314と315のVaとVn・・・「タタッタ・・・」のリズムを明確に。その前のスラーのフレーズとの
  コントラストを付けて。

◆次回10月30日は川里農業研修センターです。
オール分奏です。とっても勉強になるのでみんな参加してね☆
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kounosuphil.blog.fc2.com/tb.php/248-78fc6046
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

鴻巣フィルハーモニー管弦楽団

Author:鴻巣フィルハーモニー管弦楽団
鴻巣フィルのオフィシャルブログへようこそ!感動あり、笑いあり、涙ありの日々の活動の記録を綴ります。お楽しみに!
★弦楽器全般、Fg、Trb(I・II奏者)募集中

FC2カウンター

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
練習 (400)
本番 (37)
その他 (25)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR