2017-11

2012年8月5日 副指揮者誕生! 正指揮者と力を合わせて、さらに充実の練習♪

◆8月5日(日) 第7回ファミリーコンサート ☆第5回練習☆
 
☆今回は吹上公民館です☆

☆今日は午前中にスタッフ会議がありました。
 
今回もいろいろ決めることがいっぱいです。
20120805-01.jpg 20120805-02.jpg

副指揮者☆ 誕生! 鴻響楽での演目「ペールギュント」で指揮者デビューの予定です。
20120805-03.jpg 20120805-04.jpg
 
「京都弁」ではんなり。なんだか心地よい響きで、練習も和やかに進みました。チェロも新団員が入り賑やか♪
20120805-05.jpg 20120805-06.jpg
 
ベト7の1楽章だけでもかなりの練習時間。なかなか先に進みません。でも細かくしっかり練習しました。
20120805-07.jpg 20120805-08.jpg

◆練習ポイントコーナー
このコーナーでは、自宅での予習・復習、
また練習に参加できなかった方のために、今回の練習のポイントをまとめてみました。
ぜひ、練習の参考にして下さい。

(ペール・ギュント)
(朝)
 ・6/8のリズムにのって遅れないようにして下さい。
(山の魔王)
 ・Dで入りが遅れる場合があります。
(禿山)
 ・Feroce(荒々しく)を表現。12小節目で急にffになる場面、汚い音で良いのでガリガリ弾いて、
  吹いて下さい。
 ・音量の違いは単なる音の大きさに違いではなく、音のニュアンスの違いと理解して下さい。
 ・Trbのソロ、まだ音が軽いので、もっとテヌートで
(ベト7)
(1楽章)
 ・冒頭の和音練習は今後も続けます。各自ト長調の和音の響きをしみこませて下さい。
 ・展開部(177小節~)を練習しました。「タータタ(付点付き)」と「タッタタ(付点なし)」が
  同居しています。この違いを十分に付けて下さい。
 ・特に「タッタタ(付点なし)」の場合、最初の「タ」の音は早い弓で鋭い音を。
(2楽章)
 ・管楽器、冒頭のイ短調の和音をよろしくお願いします。
 ・3小節目からの弦楽器、4分音符と8分音符の音の質の違いが気になりました。
  4分は音が鳴っているのですが、8分は響きがない音のように聴こえました。
  均一の響きになるよう右手をコントロールして下さい。
 ・Eから木管のメロディーの前打音は、ゆっくりだと装飾音符にならないので気を付けて下さい。

◆次回は午前中、一般弦分奏があります。
みんな参加してね~☆
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kounosuphil.blog.fc2.com/tb.php/282-388f8337
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

鴻巣フィルハーモニー管弦楽団

Author:鴻巣フィルハーモニー管弦楽団
鴻巣フィルのオフィシャルブログへようこそ!感動あり、笑いあり、涙ありの日々の活動の記録を綴ります。お楽しみに!
★弦楽器全般、Fg、Trb(I・II奏者)募集中

FC2カウンター

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
練習 (412)
本番 (37)
その他 (25)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR