2017-11

2013年5月19日 練習も本番モード♪ まだまだ気を付ける所がいっぱい出てきます!

◆5月19日(日) 第8回定期演奏会 ☆第13回練習☆
 
☆今回も吹上公民館です☆

☆合奏前にビギナー分奏がありました。
  
今回は特に1stヴァイオリンのメンバーでの分奏です。
20130519-01.jpg 20130519-02.jpg
20130519-03.jpg
 
今回も、田澤先生がいらして下さいました♪気になるリズムを要チェック!
20130519-04.jpg 20130519-05.jpg
  
早くなったり、遅くなったり・・・・まだまだスピードがきちんと定まりません(><)
20130519-06.jpg 20130519-07.jpg
20130519-08.jpg
 
充実しているコントラバス☆ なにやらみんな集まってひそひそ話・・・? とっても仲良しパートです。
20130519-09.jpg 20130519-10.jpg
 
練習に熱が入ります。内声があまりに激し過ぎて爆笑!先生も力が入ります。
20130519-11.jpg 20130519-12.jpg
 
歌う木管のメロディーに聞きほれてしまいます。迫力ある管楽器の音色も本番に向けてしっかりしてきました。
20130519-13.jpg 20130519-14.jpg

田澤先生、ご指導ありがとうございました♪
本番まであと数回。今日学んだところはしっかり復習しておきましょうね♪

◆練習ポイントコーナー
☆このコーナーでは、自宅での予習・復習、
また練習に参加できなかった方のために、今回の練習のポイントをまとめてみました。
ぜひ、練習の参考にして下さい。
(未完成/Ⅰ楽章)
 ・全体的にテンポが重たくならないように注意。Allegro moderatoで、あくまでAllegroの音楽です。
 ・冒頭のVcはCbに響きをまかせて。9からのVnも音がナマ過ぎなので指板よりで。(再現部Eも同じ)
 ・全体的にffは、もっとしっかりと(特にtrb)。ffは堂々と、のニュアンスで
 ・73は走らないで
 ・150の木管、pでも緊張感を持って
(未完成/Ⅱ楽章)
 ・ゆったり気味のテンポで行きます。pizzは一つ一つ丁寧にはじくようなつもりで。
 ・4小節目からの主題は、6小節目のdownで音がふくらまないように、7小節目で急に   アクセントがある感じを出して
(悲愴/Ⅰ楽章)
 ・冒頭のFg、ブラボー!素晴らしいです。
 ・43から66まで、テンポが先に行かないで。正確なテンポで。
 ・89からVnとVcでテンポの揺れを揃えるようにしましょう。
 ・206の金管の入りは、まだpで(その前の響きの中から)
 ・210からテンポが走らないように
(悲愴/Ⅱ楽章)
 ・9からの木管、ブレスをとってもフレーズがつながるように
 ・Dからの主題、3拍目がfpのようにならずに、あくまでdimで
(悲愴/Ⅲ楽章)
 ・マーチの主題(タ/タッタ/タ/タ)が重たくならないように。躍動感があるように。
 ・Aからなどの木管ソロ時の弦は抑えて
(悲愴/Ⅳ楽章)
 ・1小節目からの主題、1拍目もっと弓を使って(以降全て)
 ・Kから134までテンポが重たくならないように

◆5月26日は久しぶりに川里農業研修センターです。
お間違えないようにね☆次回も全曲通します。
しっかりさらっておきましょうね☆
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kounosuphil.blog.fc2.com/tb.php/310-cf5462d4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

鴻巣フィルハーモニー管弦楽団

Author:鴻巣フィルハーモニー管弦楽団
鴻巣フィルのオフィシャルブログへようこそ!感動あり、笑いあり、涙ありの日々の活動の記録を綴ります。お楽しみに!
★弦楽器全般、Fg、Trb(I・II奏者)募集中

FC2カウンター

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
練習 (412)
本番 (37)
その他 (25)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR