2017-08

2005年10月2日 鴻響楽本番まで、いよいよ残り1ヶ月!

◆2005年10月2日(日)第7回練習
 
10月に入り、「鴻響楽」本番まで、あと一ヶ月。
弦セレも、少しは(?)曲らしくなってきました。
チャイコの弦セレは、メロディーがとってもステキなので、
良い演奏を目指して、頑張りましょうね☆

今回から、弦楽器ビギナーの分奏は
「居残り」ではなく、本格的な分奏に変わりました。
といっても、まだまだ試行錯誤でしたが・・・、
一般の団員の皆様も、ビギナー指導を手伝ってくれて
とても良い雰囲気でスタートしました。

次回10月16日の練習場は「まほろばの郷」です。
くれぐれも、お間違えないように♪
またBBQの申し込みは、会場の関係上
今週末(9日まで)で締め切らせてもらいます。
参加希望の方は、お早めにご連絡してくださいね☆

◆練習ポイントコーナー
☆このコーナーでは、自宅での予習・復習。
また練習に参加できなかった方のために、今回の練習のポイントを
まとめてみました。
ぜひ、練習の参考にして下さい。
♪は重要な点です。


 【弦セレ】
 (2楽章)
   ・通しながらポイントを確認
   ・34の音の入りは、全てのパートいつも音が大きすぎるので、注意して下さい。
    ppである事をお忘れなく。
  ♪Cからのh-mollの中間部は、ちょっとくすんだ音色で。
    (指板よりで弾くようにして下さい)
   ・CからDが難所です。繰り返し練習をお願いします。

 (4楽章)
   ・ちょっと遅めのテンポで要所を練習
   ・第一主題(44小節以降、ドドシシ/ラシドラ/ソソ)は、縦の線が合いません。
    Vnのメロディーと伴奏形で、どんなテンポなのかを探り合っている感じです。
    指揮に合わせるのではなく、皆さんでテンポを作っていくつもりで演奏して下さい。
   ♪第一主題は、音量の違いを大げさに(pはとても小さく、fは普通、ffはとても大きく)

   ・第二主題(85小節以降、シミ/シード/レファ/ラ-レ)は、
    Vc、Vnともにもっとたっぷり歌えるようにして下さい。
    音量ではなく、もっと響く音を出すようなつもりで弾いて下さい。

 【運命】
  ・2楽章をメインに練習しました。

 ♪この楽章は1楽章の激烈さとは対照的に、柔和な音楽です。
  その為に「音を丁寧に弾く」事を重点に練習して下さい。

  ・ブレスをとってから音を出す事をお忘れなく。

  ・8小節目のfや、次の9小節目のpは、急に音量を変えるのではなく、
   その前の拍にcrescやdimを入れるようにして下さい。

  ・Vn2とCbは、107~113の音がとても大切です。
   一つ一つの音を丁寧に、特にppでも音に頭をつけて、明確に弾くようにして下さい。

 【カルメン】
  ・アラゴネイズを練習しました。
   だいぶ曲に慣れてきました。音を短く弾くことの練習を繰り返して下さい。

  ♪メロディーの部分(98~110)は、大きい音で弾けるように
   何度も繰り返して練習して下さい。

  ・110小節目は、急にテンポが遅くなり、3つ振りになるので注意して下さい。

  ・合奏中に、E~最後まではテンポが落ちやすいので注意。
   最後まで同じテンポで弾くようにして下さい。

  ・次々回(10/30)から、「No2.Intermezzo」と「No3.Sequedille」を始めます。
   音符を読む事を始めて下さい。

 【ラデッキー】
  (ビギナー部門)・・・「音を短く」、「fとpの音量の違いを出す」
   ・この曲もだいぶ慣れてきました。
    今後は、通し合奏を中心に練習を進めて行きます。

   ・前半部のfとpの違いは出てきましたが、Trioになるとfとpが
    なくなってしまいますので、集中力を持続させて下さい。

◆ワクワクオーケストラ入門

・今回は、音楽業界用語?

「今度の演奏会の中プロが、チャイコの弦セレなんだけど、
けっこう難しくて、落ちたり、飛び出したり、走ったり。
臨時記号も多くて、すぐ落として弾いちゃうんだよね。
今回この曲は乗り番だから、頑張ってさらったけど、
運命はもっと難しいから降り番でホント良かったよ。
セコバイは足りなくてトラを呼んだんだってね。
打ち上げの会費はC千(ツェーセン)で良いのかなぁ~。
じゃあ、前日G.P(ゲネプロ)18時音だしだから遅刻しないようにね。」

う~ん、わけわかんない・・・。

 音楽業界用語?

中プロ・・・演奏会のプログラムで2曲目に演奏する曲の事。
    (ちなみに、前プロはプログラム最初の曲。後プロは最後(メイン)の曲の事)
チャイコの弦セレ・・・チャイコフスキーの弦楽のためのセレナーデ
落ちる・・・自分の演奏している場所がわからなくなる事。
飛び出す・・・指揮者の指定したタイミングより前に演奏してしまうこと。
走る・・・演奏者が指揮を無視してテンポを上げてしまうこと。
落とす・・・♯や♭をつけわすれて演奏してしまうこと
さらう・・・練習する事。
乗り番・・・演奏会でその曲の演奏メンバーになること。
降り番・・・演奏会でその曲の演奏メンバーからはずれること。
セコバイ・・・2nd(セカンド)ヴァイオリンの事。
トラ・・・エキストラのこと。
C千(ツェーセン)・・・ 練習中以外では、ドイツ音名はお金の勘定に用いられる。
     Cは1、Dは2、Eは3、・・・などと表す。この場合は、1000円の事。
G.P(ゲネプロ)・・・ゲネラル・プローベ。本番同様にやる通し練習のこと。
音だし・・・準備も整い、演奏曲の音を出す事

まだまだいっぱいあるけど、わかったかな?

次回の練習日は10月16日です。
BBQもお楽しみにね☆
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kounosuphil.blog.fc2.com/tb.php/7-44bee38b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

プロフィール

鴻巣フィルハーモニー管弦楽団

Author:鴻巣フィルハーモニー管弦楽団
鴻巣フィルのオフィシャルブログへようこそ!感動あり、笑いあり、涙ありの日々の活動の記録を綴ります。お楽しみに!
★弦楽器全般、Fg、Trb(I・II奏者)募集中

FC2カウンター

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
練習 (405)
本番 (37)
その他 (25)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR